「ムーアの法則」24ヶ月で半導体のトランジスタ倍増「グロッシュの法則」コンピューター性能は価格の2乗に比例「メトカーフの法則」通信網の価値は利用者数の2乗に比例「ギルダーの法則」通信網の帯域幅は半年で2倍 「エンゲルバート」マウスを発明した化学者

132eZBgPTR
「半導体に集積される
トランジスタの数は
24ヶ月で倍増する」という
考え方を何という?
ムーアの法則(答)
グロッシュの法則
メトカーフの法則
ビル・ジョイの法則


「通信網の帯域幅は6ヶ月で2倍になる」という考え方をなんという?
ギルダーの法則(答)

四択
「通信網の価値は利用者数の2乗に比例する」という考え方を何という?
メトカーフの法則(答)

四択
コンピュータの性能は価格の2乗に比例する」という考え方を何という?
グロッシュの法則(答)

CIMG1483dFjJXxiCtwug
1961年にマウスを発明した
アメリカの科学者は
ダグラス・◯◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
エンゲルバート(答)
Douglas Carl Engelbart)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説
ムーアの法則

半導体の集積密度は18~24カ月で倍増し、チップは処理能力が倍になってもさらに小型化が進むという法則。世界最大の半導体メーカーであるインテル社創設者のひとりであるゴードン・ムーア博士が1965年に経験則として提唱したことに由来する。法則によれば、半導体の性能は指数関数的に向上するが、実際には、集積密度の向上ペースは鈍化している。このため、「集積密度」を「性能向上」に置き換えることで、法則は現在でも成立しているとされている。最近は価格対性能比で、18カ月で2分の1になるともいわれている。
引用元:ムーアの法則(むーあのほうそく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-9174

ムーアの法則(ムーアのほうそく、英: Moore’s law)とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりであるゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。
>ムーアの元々の文章は以下である。
「部品あたりのコストが最小になるような複雑さは、毎年およそ2倍の割合で増大してきた。短期的には、この増加率が上昇しないまでも、現状を維持することは確実である。より長期的には、増加率はやや不確実であるとはいえ、少なくとも今後10年間ほぼ一定の率を保てないと信ずべき理由は無い。すなわち、1975年までには、最小コストで得られる集積回路の部品数は65,000に達するであろう。私は、それほどにも大規模な回路が1個のウェハー上に構築できるようになると信じている。」 “Cramming more components onto integrated circuits”, Electronics Magazine 19 April 1965[1]
>ムーアは今日の機械式マウスの共同発明者であるダグラス・エンゲルバートから、1960年の講義において集積回路のサイズ縮小の見通しについて議論したのを聞いたのかもしれない[2]。1975年には、ムーアは今後2年毎に2倍のペースにしかならないだろうという見通しを立てた。彼は自分が「18か月ごと」と言ったことは一度もないのに、そう引用されたのだと主張している。SEMATECHのロードマップには、24か月ごとのサイクルを辿っている。
引用元:ムーアの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

グロッシュの法則(グロッシュのほうそく、Grosch’s law)は、ハーバート・グロッシュ(Herbert Grosch)が1965年に提唱したコンピュータの性能に関する法則である。
「コンピュータの性能は価格の2乗に比例する」
という経験則で、例えば50,000円と100,000円のコンピュータの性能比は25:100である為、コンピュータは(予算の許す限り)高い物を買った方が、性能対価格比で得であるという結果になる。
>似たような法則に、オペレーションズ・リサーチにおけるランチェスターの法則(第2法則)がある。たとえば戦争において、兵士の能力や兵器の性能が同等なら、兵士5人対兵士10人の戦力比は本法則同様25:100として考える。
引用元:グロッシュの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

ギルダーの法則(ギルダーのほうそく)は、通信網に関する法則。
「通信網の帯域幅は6ヶ月で2倍になる」というもの。
アメリカの経済学者ジョージ・ギルダー(George Gilder)が2000年に自著「テレコズム」にて提唱した。[1]
ギルダーの法則によると、10年で100万倍のペースとなるが、実際は10年で1000倍くらいであり、それは、1年で2倍のペースに当たる。また、この法則が引用される時も、引用される数字(6ヶ月、2倍)には多少幅が出ている。さらに、イーサネット自体は、ムーアの法則、つまり、10年で100倍のペースでしか速くなっていない。
引用元:ギルダーの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

コンピューティングに於けるビル・ジョイの法則は、アメリカのコンピュータ技術者でサン・マイクロシステムズの共同創業者ビル・ジョイが1983年に提唱したプロセッサーに関する経験則。「プロセッサーの最大性能は1年単位で毎年倍増する」法則である。
引用元:ビル・ジョイの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

メトカーフの法則(メトカーフのほうそく、Metcalfe’s law)は、通信網に関する法則。日本では、一般にメトカルフェの法則として定着している。「通信網の価値は利用者数の二乗に比例する。また、通信網の価格は利用者数に比例する。」というもので、例えば通信網に対し現在の3倍の費用をかけると(利用者を3倍にすると)、その通信網の価値は9倍になるという考え方である。
引用元:メトカーフの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

 マウスの発明者として知られるダグラス・エンゲルバート(Douglas Carl Engelbart)氏(1925~)は、マウスというその画期的な発明のみならず、現在のパーソナルコンピュータで当たり前のように使われているワードプロセッシングや、アウトライン処理、ウィンドウシステム、テキストリンクといった技術を世界で最初に紹介した人物である。
>自然なものなど存在しない。ただ慣れ親しんでいるだけ

 エンゲルバート博士がマウスを思いついたのは、1961年で、この論文が世に出る1年前のことだとされている。彼は、このデバイスの絵をノートに記した。そして、1963年、NASAが画面選択デバイスを何にするかを決めるプロジェクトに資金を提供するという発表に応え、そのノートを取り出し、研究所のエンジニアの1人、ビル・イングリッシュ(ウィリアム・K・イングリッシュ)に手渡す。そして、イングリッシュ氏は世界で初めてマウスを作った人となるのだった。
引用元:マウスの父、ダグラス・エンゲルバート氏インタビュー http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0322/engelbart.htm