「アメダス」降水量 気温 日照時間 風向・風速

100mqkepkatemh
次のうち
気象庁のアメダスで
観測されるものを
全て選びなさい
日照時間(答)
湿度
降水量(答)
34%

015hBmWXca
次のうち
気象庁のアメダスで
観測されるものを
全て選びなさい
日照時間(答)
気圧
風速(答)
CIMG4832RHOxLLiBRDGY
次のうち
気象庁のアメダスで
観測されるものを
全て選びなさい
日没時刻
降水量(答)
湿度
風向(答)
風速(答)
気温
積雪量(答)

xVZrnur
引用元:気象庁 | アメダス http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/amedas/kaisetsu.html

アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。 雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。
引用元:気象庁 | アメダス http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/amedas/kaisetsu.html

アメダス(AMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System)とは、日本国内約1,300か所の気象観測所で構成される、気象庁の無人観測施設である「地域気象観測システム」の通称である。
>国内約1,300箇所に設置されているアメダス観測所で気象観測を行っている。観測網の密度は降水量が約17km(=17km四方の正方形につき1か所)、4要素の観測点は約20kmであり、概ねメソβスケール(20km – 200km規模)の現象を捉えることができるとされている。都府県レベルの気象現象の把握には効果を発揮している。しかし、近年需要が高い、集中豪雨や雷、突風などのより狭い範囲の現象(局地現象)の把握は難しい(対応するためには観測点を数十倍に増やす必要がある)。局地現象に対しては気象レーダーの方が効率的であり、近年はこちらが増強される傾向にある。
観測している気象要素は、降水量、気温、日照時間、風向・風速の4要素である地点が多く、主に豪雪地帯においては積雪の深さを観測している。観測で得られたデータはISDN回線などを通じて気象庁内の地域気象観測センター(通称アメダスセンター)へ10分ごとに集信され、データの品質チェックを経たのち全国に配信される。
引用元:アメダス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%B9