「アネハヅル」姉羽鶴 ヒマラヤ山脈を越えインドへ渡る世界最小のツル

084BwxDHYv
ヒマラヤ山脈を越えて
渡りをすることで知られる
世界最小とされるツルは
◯◯◯ヅル?
グネナロ
オマハア
アネハ(答)
「アネハヅル」
姉羽鶴

eqFfFmK
引用元:File:Demoiselle Cranes at Tal Chappar.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:Demoiselle_Cranes_at_Tal_Chappar.jpg

アネハヅル(姉羽鶴、学名:Anthropoides virgo)は、ツル目ツル科アネハヅル属に分類される鳥類の一種。
現在確認されている鳥類の中では特に高々度、5000から8000メートルもの高さを飛ぶ鳥として知られており、ヒマラヤ山脈も越える渡りをする。
>アネハヅルの脂肪を精油したものを蓑羽鶴油(サイウカクユ)と呼ぶ。秋に捕獲し、脂を採取する。 皮膚のひび割れ、手の痺れ、肌荒れに用いる。[4]
引用元:アネハヅル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8D%E3%83%8F%E3%83%85%E3%83%AB

世界の屋根と呼ばれるヒマラヤ山脈。10月初め、上空8千mに渡って渡り鳥が一大スペクタクルを繰り広げる。小さなツルが数百から千羽のV字編隊を作り、北から南へ次々と高山を越えていくのだ。ツルの名前は、アネハヅル。世界最小のツルだ。シベリアやチベットの草原で繁殖し、秋、越冬地のインドへと渡る。上空の気温は氷点下30度、酸素濃度は地上の3分の1という過酷な環境での決死の大飛行だ。
引用元:これまでの放送[150]アネハヅル 驚異のヒマラヤ越えを追う │ワイルドライフ http://www.nhk.or.jp/wildlife/program/p150.html