ローマ数字と算用数字「4と9は減算則」 X10 LX60 CD400 CM900 M1000 MD1500 

021VOqkDhi
次のローマ数字を
算用数字で表記したときの
ケタ数ごとに
グループ分けしなさい

4ケタ3ケタ2ケタ算用数字表記
M1000
X10
CM900
(M1000-C100)
LX60
(L50+X10)

CIMG4581CIMG4582
ローマ数字で
「CD」といえば
400を表しますが
「MD」といえばいくつを表す?
900
600
400
1500(答)

ローマ数字(ローマすうじ)は、数を表す記号の一種である。ラテン文字の一部を用い、例えば I, II, III, IV, V,VI,VII,VIII,IX,X のように並べて表現する。I, V, X, L, C, D, M がそれぞれ 1, 5, 10, 50, 100, 500, 1000 を表す。i, v, x などと小文字で書くこともある。現代の一般的な表記法では、1 以上 3999 以下の数を表すことができる。
ローマ数字のことをギリシャ数字と呼ぶ例が見られるが、これは誤りである。
>ヴィクトリア朝時代に成立し、現代まで一般的に用いられている表記法では、まず「I」が1、「V」が5、「X」が10、「L」が50、「C」が100、「D」が500、「M」が1000を意味する。これ以外の数は基本的にこれらの加算で表現され、加算すべき数を、できるだけ使う文字数が少なくなるように選び、左から大きい順に並べて書く。例えば 3 は「III」、7 は「VII」、20 は「XX」、23 は「XXIII」となる。
>また、減算則を使う場合でも認められているのはI を VまたはX の左に、X を LまたはC の左に、C を DまたはM の左に 1 つだけ置く6種類だけであり、それ以外の使い方は認められていない。
引用元:ローマ数字 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%95%B0%E5%AD%97

ローマ数字の記載方法

この表に記載された数字を組み合わせて表記します。大きな位の数字を左に描きます。たとえば13は10=X、3=III、ですのでXIIIとなります。132は100=C、30=XXX、2=II、ですのでCXXXIIとなります。

4と9の考え方(減算則)

4と9はそれぞれ5-1、10-1と考えます。そのため4はIV、9はIXとなります。同じように40はXL、90はXCとなります。ちなみに99はXLIXと表記します。90=XL、9=IX。100=C、1=Iですが、ICとは表記しません。

なお古い表記方法では、4をIVではなくIIII、9をIXはなくVIIIIと表記していたこともあります。マルセイユ版タロットではこの表記方法が用いられています。
引用元:ローマ数字の読み方と記載方法 http://indigoagejp.sakura.ne.jp/material/deck/roman.html

減算則を覚える方法が『ICは九十九』(アイシーはツクモ)

Cは100を示します。 そして
CIは101
ICは99
です。どちらだか分かりにくくなります。 そこで覚える言葉が
IC=99、アイシーはツクモ、ICは九十九
です。 非常に覚えやすいのではと思います。
引用元:小ネタ ローマ数字の減算則の覚え方 ICは九十九 – Yahoo!知恵袋 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n48014