「宇宙に行った動物」順 「ハエ」「猿」「ハツカネズミ」「犬」「猫」

054yzaBHzy

次の動物を
宇宙に打ち上げられたのが
古い順に選びなさい
ハエ 1947アメリカ「ミバエ」
猿 1949アメリカ「アカゲザル」アルバート2世
ハツカネズミ 1950アメリカ
犬 1951ソ連「ツィガン」「デジク」
猫 1963フランス「Felix」

本項目は宇宙に行った動物について取り上げる。ただしヒトについては有人宇宙飛行を参照。
もともと、有人宇宙飛行が行われる以前の宇宙空間への動物の打ち上げは、ただ単に宇宙飛行における生物の生存性を試験するためであった。その後、微重力(英語版)と宇宙飛行が動物に与えうる様々な生物学的プロセスや影響を研究する目的でも打ち上げられるようになった。2011年現在、自国の宇宙計画によって動物を宇宙へ送った国は、 ソビエト連邦、アメリカ合衆国、フランス、中華人民共和国、日本、そしてイランである。
>意図的に宇宙に送られた初の動物はライ麦の種、綿の種と一緒に打ち上げられたミバエであった。1947年2月20日、アメリカでドイツから接収したV2ロケットによってホワイトサンズ性能試験場から打ち上げられた[1][2]。
>1949年6月14日、アカゲザルのアルバート2世(Albert II)はアメリカのV2ロケットによって初の宇宙に行ったサル(英語版)になったが、パラシュートの故障で地面に激突し死亡した。
>1950年8月31日、アメリカはハツカネズミをV2ロケットに搭載して高度137kmまで打ち上げた。この他にも、アメリカは50年代にネズミをいくつか打ち上げている。
>1960年8月19日、スプートニク5号に乗ったイヌのベルカとストレルカは地球軌道を周回して生還した初の動物となった[3]。ストレルカの子犬のプシンカは1961年、ニキータ・フルシチョフによってジョン・F・ケネディの娘キャロライン・ケネディに贈られ、プシンカの子孫は現在も生存している。
>フランスは1963年10月18日にネコ(Felix)を打ち上げた。神経衝撃を測定するため、ネコの頭には電極が埋め込まれていた。このネコは無事に生還したが、次に宇宙に行ったネコは死亡した。フランスによる最後の動物の打ち上げは1967年3月の2匹のサルである。
引用元:宇宙に行った動物 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%8B%95%E7%89%A9

宇宙に旅立っていった動物たち : カラパイア

実験で宇宙に行った動物「飛行士」たち 死亡したケースも–人民網日本語版–人民日報