「エキナセア」和名ムラサキバレンギク ハーブティーに利用 ギリシャ語「echinos(エキノース)」ハリネズミ由来

029LWiBvpG
和名をムラサキバレンギクという
ハーブティーにして飲まれる植物
エキナセア(答)
Echinacea

evHaJmL
引用元:エキナセアとハチ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK http://www.photo-ac.com/main/detail/233529

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊、学名:Echinacea purpurea)はキク科ムラサキバレンギク属の多年草。属名のラテン名でエキナセア(英: Echinacea)またはエキナケア(英: Echinacea)とも呼ばれる。
>北アメリカの先住民である平原インディアン(英語版)の間で、薬草として様々な用途に利用されていた[1]。欧米ではハーブティとして飲まれるほか、炎症や傷の治療にも用いられていた[要出典]。
引用元:ムラサキバレンギク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%AF

エキナセアの名前の由来
エキナセアの花を見る機会があったら、ぜひ名前の由来となった花の中心部を見てみて。わざわざ覗き込むことも、よくよく観察することもなく、ぷっくりと大きく目立っているから一目見ただけで丸くトゲトゲした膨らみがわかるはず。これが、ハリネズミのもふもふした体つきに似ていることから、ギリシア語でハリネズミに似ている様子を意味する「echinos(エキノース)」を使うようになったんだよ。
引用元:エキナセアの花言葉~エキナセアの花言葉と名前の由来 http://www.kami-chan.net/hanakotoba/z069.html