「プルキニエ」現象 チェコの解剖学者プルキニエが発見した暗所で青が目立つ現象

808kntwJHO
小脳の神経細胞にその名を残す
チェコの解剖学者
プルキンエ(答)
Purkinje

CIMG6237
暗い所では青や緑が明るく見え
赤い色が暗く見えるのは
◯◯◯◯◯現象?
○を答えなさい
プルキニエ(答)
「プルキニエ現象」
Purkinje effect

「プルキンエ」で正答になるかは未確認です

◯×
「人間の目は、明るい所では
黄緑色が、暗い所では青緑色が
最もよくみえる」という現象は
「プルキニエ現象」である
◯(答)
✕レイノルズ

CIMG7050T37SwNizCQqR
ヒトを始めとする脊椎動物の
網膜に含まれ、光を受け取るのに
重要な役目を持つ、別名を
「視紅」という色素は?
レチノース
ブンベリン
ロドゲシル
ロドプシン(答)

プルキンエ‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【プルキンエ現象】

《Purkinje phenomenon》薄暗い所で、短波長の青色に近いものが明るく見え、長波長の赤色のものが暗く見える現象。網膜で働く細胞が、暗順応が進むにつれて錐状体から桿状体(かんじょうたい)にかわるために起こる。チェコの生理学者プルキンエ(J.E.Purkinje)が発見。プルキニエ現象。
引用元:プルキンエ現象(プルキンエゲンショウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%A8%E7%8F%BE%E8%B1%A1-621825

プルキニェ現象(Purkinje Phenomenon、Purkinje effect、プルキニエ現象、プルキンエ現象とも言う)は19世紀のチェコの生理学者ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェが解明したことから名付けられた、視感度がずれる現象である。
色は網膜の視細胞で感知しているが、明るい場所では赤が鮮やかに遠くまで見え、青は黒ずんで見える。一方、暗い場所では青が鮮やかに遠くまで見えるのに対して、赤は黒ずんで見える。これは、桿体と呼ばれる視細胞の働きによるもので、人の目は暗くなるほど青い色に敏感になる。
引用元:プルキニェ現象 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%8B%E3%82%A7%E7%8F%BE%E8%B1%A1

The Purkinje effect (sometimes called the Purkinje shift, or dark adaptation and named after the Czech anatomist Jan Evangelista Purkyně) is the tendency for the peak luminance sensitivity of the human eye to shift toward the blue end of the color spectrum at low illumination levels.[1][2][page needed]
GhaPpNV
引用元:Purkinje effect – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Purkinje_effect

ロドプシン【rhodopsin】

視紅visual purpleともいう。網膜の杆状体(かんじようたい)の外節に含まれる紫紅色の色素タンパク質で,光の受容体として機能する。網膜には2種類の視細胞,錘状体と杆状体がある。前者は強い光に反応して色覚をつかさどり,後者は弱い光のもとで明暗を識別するが,色覚には関係しない。ロドプシンは,細胞内のディスク膜の成分である分子量3万8000のオプシンopsinに,ビタミンAの誘導体11‐シス‐レチナールretinalが結合した複合タンパク質である。
引用元:ロドプシン(ロドプシン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%B3-153182