「CASL II」基本情報技術者試験の対象言語 「C」「COBOL」「JAVA」

203ExQfNVO
基本情報技術者試験のため
経済産業省が仕様を策定した
プログラミング言語は
「◯◯◯◯ II」?
/GILZ
AOPCS
CASL(答)
「CASLII」

CIMG1252XOppRuSapVFL
次のうち、経済産業省が認定する
「基本情報技術者試験」において
プログラミング能力試験の対象と
なっている言語を全て選びなさい
Visual Basic
Perl
COBOL(答)
C(答)
JAVA(答)
CASLⅡ(答)
Fortran

頭がJとCの言語 「Japan Computer」みたいな感じでしょうか

CASL II

経済産業省が実施する国家試験である[[基本情報技術者試験で用いられるアセンブリ言語。COMET IIという仮想のコンピューター上で動作することを前提としている。
引用元:CASL II(きゃっするつー)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/CASL+II-2704

アセンブリ言語

0と1で構成される機械語を、人間に理解できるように英数字で表現した言語のこと。原則として機械語の1つの命令に付き、1つの文字列(ニーモニック)が割り当てられているため、それらを利用することでプログラミングする。C言語などの高級言語に対して低級言語と呼ばれ、ソースコードは記述しにくいが、サイズが小さく、実行ファイルの実行速度も速い。
引用元:アセンブリ言語(アセンブリゲンゴ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E8%A8%80%E8%AA%9E-380

CASL(キャスル)とは、情報処理技術者試験におけるプログラミング能力試験のために仕様策定されたアセンブリ言語である。
>第二種情報処理技術者試験(現・基本情報技術者試験)にはプログラミング能力試験という試験がある。この試験は幾つかのプログラミング言語別に分かれており、受験者はそれぞれが最も得意とする言語による試験を選択することで、特定の言語のプログラマが有利になることを防いでいる。
CASLはこの試験で使用するアセンブリ言語として開発された。アセンブリ言語はハードウェアのアーキテクチャとの関連性が強く、仮に特定の実在するアーキテクチャを試験に採用した場合、それを利用する受験者に有利に働いてしまうという問題がある。このため、実在するどのアーキテクチャとも関連性がない単純化された仮想の計算機と、そのアセンブリ言語の仕様を一から策定することで、この問題を解消した。この仮想計算機はCOMETと呼ばれ、アセンブリ言語の仕様はCASLと名付けられた。
引用元:CASL – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/CASL

プログラム言語
① 基本情報技術者試験において,ソフトウェア開発分野に関する試験問題に出題するプログラム
言語は,C,COBOL,Java,アセンブラ言語(CASLⅡ)の 4 言語とする(4 言語のほかに,表計算ソフトによる試験問題を出題する)。
引用元:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/shiken_yougo_ver2_3.pdf https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/shiken_yougo_ver2_3.pdf