「英国で誕生した世界初試験官ベビー」ルイーズ・ブラウン(女性)

103Qehoblw
1978年に世界初の試験官
ベビーが誕生した国は
イギリスである
◯(答)

◯×
1978年にイギリスで誕生した世界初の試験管ベビーは女の子である
◯(答)

ロバート・ジェフリー・エドワーズ(英:Robert Geoffrey Edwards、CBE、1925年9月27日 – 2013年4月10日)は、イギリス出身の生物学者。ケンブリッジ大学名誉教授。ロンドン王立協会フェロー(FRS)。専門は生殖医学。特に体外受精(IVF)のパイオニアであり、イギリスの外科医パトリック・ステプトーとともに体外受精の技術を完成させ、1978年7月25日に世界初の試験管ベビーであるルイーズ・ブラウンを誕生させた[2][3]。体外受精技術を確立した業績により2010年度ノーベル生理学・医学賞を受賞した[4]。
>ルイーズ・ブラウンの誕生[編集]
1978年7月25日23時47分、オールダム総合病院において世界初の体外授精児であるルイーズ・ブラウンが誕生し、不妊に悩む夫婦が子供を得る新たな道を切り開いた。
引用元:ロバート・G・エドワーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBG%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA

ルイーズ・ブラウン(Louise Joy Brown、1978年7月25日 – )は、世界初の「試験管ベビー」として知られるイギリスの女性[1]。
>父ジョンと母レズリーは9年間子供を授かろうと努めていたものの、レズリーの卵管に異常があったため自然妊娠はかなわず、体外受精に望みを託した[1]。この体外受精技術は、ケンブリッジ大学のロバート・エドワーズ教授と婦人科医パトリック・ステップトーが12年に渡る研究の末に完成させたもので、1977年11月10日に母体から採取された卵子を体外受精させ、2日半後、受精卵を母の子宮へ移し、その後は普通に成長した(この技術には非難も多く、ロンドンでは連日集会が開かれた)。
1978年7月25日午後11時47分、イングランド北部のオールダム総合病院で、帝王切開により世界初の体外受精技術による子供として誕生した。出生時の体重は5ポンド12オンス(2608グラム)だった。ルイーズの誕生はその後の不妊治療の大きな希望となり、世界中の注目を集めた。
引用元:ルイーズ・ブラウン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3