「ウンディナ」ジュラ紀後期の硬骨魚類 「ウンディーネ」由来 「甲冑魚類」デボン紀に栄えた原始的な魚類

039TPNxccA
ジュラ紀後期に生息していた
シーラカンスに近い魚です
ウンディナ(答)

エフェクト
シーラカンスはこの仲間です
総鰭類
そうきるい(答)

20120206060220e94fEyRxqVrYgRQ
オルドビス紀に現れて
デボン紀に栄えた
体表が骨格化した
原始的な魚類は?
軟冑硬骨装
格魚武甲類
甲冑魚類(答)
かっちゅうぎょるい

079fhIbiIpAFD
2011年にオープンした水族館
「沼津港深海水族館」の別名は
◯◯◯◯◯◯・ミュージアム?
◯を答えなさい
シーラカンス
「シーラカンス・ミュージアム」
引用元:「シーラカンス・ミュージアム」 「沼津港深海水族館」の通称 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/1950/?preview=true&preview_id=1950&preview_nonce=78f49833e0

ウンディナ(Undina)は、中生代ジュラ紀後期に生息していた硬骨魚類の一種。 総鰭亜綱-シーラカンス目中のラティメリア科に分類される1属であり、現生のシーラカンスとして知られるラティメリア属に最も近縁と考えられている絶滅種の一つである。
その化石はドイツでのみ見つかっている。
>属名 Undina は、錬金術師パラケルススに縁(ゆかり)の四精霊(四大元素、エレメンタル)の一つであり水を司る undine (ウンディーネ)の名に由来する。
引用元:ウンディナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A

原始的な特徴をもつ化石動物の一群で、絶滅した無顎類[1]などが含まれる。現生の魚類と比較すると体表がやや骨格化(あるいは無脊椎動物の外骨格の残滓)しており、特に頭部は堅い骨質板でおおわれており、甲冑魚と呼ばれる所以にもなっている。ダンクルオステウス(ダンクレオレステスとも)[2]やボスリオレピスなどの板皮類も、甲冑魚とよばれることがある。
古生代オルドビス紀に現れ、シルル紀(ゴトランド紀とも)〜デボン紀に繁栄した。デボン紀後期の大絶滅によりほとんどが絶滅し、ミシシッピ紀(石炭紀前期)に完全に途絶えた。体長はおよそ15~30cmのものが多かったようである[3]。
引用元:甲冑魚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%86%91%E9%AD%9A

こうこつ‐ぎょるい〔カウコツ‐〕【硬骨魚類】

魚類のうち、円口類と軟骨魚類を除く一群。魚類の大部分を占める。骨格は主に硬骨からなり、体表はうろこで覆われ、浮き袋をもつ。口は前端に開き、えらあなは一対。卵生が多く、一部が卵胎生。海水・淡水を問わず広く分布。
引用元:硬骨魚類(こうこつぎょるい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A1%AC%E9%AA%A8%E9%AD%9A%E9%A1%9E-62045