「ミマス」土星の第1衛星 AB「カッシーニ間隙」C内「コロンボの間隙」C外「マクスウェルの間隙」

041fvpwBuaQfP
土星の第1衛星は
ミマスである

CIMG8774RHeAikcYosqN

次の土星の環の場所と
そこにあるすき間の
正しい組み合わせを選びなさい
A環とB環の間───カッシーニの空隙
C環の外側───マクスウェルの空隙
C環の内側───コロンボの空隙
A環内───エンケの空隙

ミマス (Saturn I Mimas) は、土星の第1衛星。1789年に天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見された。その後、ウィリアムの息子のジョン・ハーシェルが1847年にギリシア神話の巨人族の一人ミマースにちなみ命名、発表した。
>ミマスは、軌道の内側にある土星の環にも影響を及ぼしている。例えば土星の環のうち構成粒子の公転周期がミマスと1:2の比になる場所では軌道共鳴によって粒子が取り除かれる現象が起き、カッシーニの間隙が形作られている[4]。
引用元:ミマス (衛星) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%9E%E3%82%B9_(%E8%A1%9B%E6%98%9F)