不飽和度順「ドコサヘキサエン酸」「エイコサペンタエン酸」「リノール酸」「オレイン酸」「アクリル酸」

156JvVaETk
次のうち、飽和脂肪酸を
全て選びなさい
エイコサペンタエン酸
ラウリン酸(答)
ステアリン酸(答)

119qnfYFYC
次のうち、飽和脂肪酸を
全て選びなさい
ラウリン酸(答)
ミリスチン酸(答)
ステアリン酸(答)

527DQYxuBn

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸構造式
ステアリン酸dtWZVdd
リノール酸yGPyEVG
アクリル酸yvhRkkx
ギ酸OopAsML

下記ゴロ、「DELOA(出ろエース)」みたいな感じで

CIMG3391bLKPzBoGciMK
次のカルボン酸と
その分類の
正しい組み合わせ選びなさい
アクリル酸───低級不飽和脂肪酸
酢酸───低級飽和脂肪酸
オレイン酸───高級不飽和脂肪酸
パルミチン酸───高級飽和脂肪酸
引用元:EPA「エイコサペンタエン酸」 「アクリル酸」低級不飽和脂肪酸「酢酸」低級飽和「オレイン酸」高級不飽和「パルミチン酸」高級飽和 http://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/5219/

042jchwvAr
346aLYSbZS
次の不飽和脂肪酸を
不飽和結合の数が
多い順に選びなさい
ドコサヘキサエン酸 6 Docosahexaenoic acid DHA
エイコサペンタエン酸 5 eicosapentaenoic acid EPA
リノール酸 3 linoleic acid
オレイン酸 1 oleic acid

脂溶性ビタミンがこれ「DAKE」の覚え方と同様に、不飽和「DELOA(出ろエース)」はどうでしょう。

CIMG4984
次のビタミンを
水溶性か脂溶性かで
グループ分けしなさい

水溶性脂溶性
ビタミンB2
ビタミンE
ビタミンB6
ビタミンD

CIMG4815
次のうち
現在「ビタミンB群」に
分類されているものを
全て選びなさい
ビタミンB2(答)
パントテン酸(答)(ビタミンB5)
葉酸(答)(ビタミンB9)
ビオチン(答)(ビタミンB7)
ナイアシン(答)(ビタミンB3)
ビタミンB6(答)(ピリドキシン他)
ビタミンB12(答)
ビタミンB4 
ビタミンB17

Bの数字は「4」「17」死んでいない

○×
ビタミンB1の化学名はチアミンである
→○

キューブ
「ビタミンB2」とも呼ばれてます
→リボフラビン


次の文字列を順に選んで動物性食品に多く含有されるビタミンB12の化学名にしなさい
→シア
→ノコ
→バラ
→ミン

連想
欠乏すると脚気や神経炎に
化学名は「チアミン」
米糠や酵母に多く含まれる
鈴木梅太郎はオリザニンと命名
→ビタミンB1

連想
欠乏すると口内炎や皮膚炎に
化学名は「リボフラビン」
米糠や牛乳に多く含まれる
かつてはビタミンGとも呼ばれた
→ビタミンB2

連想
欠乏すると口内炎や皮膚炎に
化学名は「ナイアシン」
カツオ、サバなどに多く含まれる
タンパク質などの代謝に不可欠
→ビタミンB3

連想
欠乏すると口内炎や皮膚炎に
化学名は「ピリドキシン」
米糖や卵黄に多く含まれる
タンパク質の代謝に関与する
→ビタミンB6

連想
欠乏すると貧血に
化学名は「シアノコバラミン」
通称は「赤いビタミン」
牡蠣などに多く含まれる
→ビタミンB12

脂肪酸には、鎖の長さや炭素の二重結合の数と位置によってたくさんの種類があり、炭素の二重結合がない飽和脂肪酸と炭素の二重結合がある不飽和脂肪酸の2種類があります。
>不飽和脂肪酸には、炭素の二重結合のまわりの構造の違いにより、シス型とトランス型の2種類があります。
>天然の不飽和脂肪酸のほとんどは、炭素の二重結合がすべてシス(cis)型です。これに対して、トランス(trans)型の二重結合が一つ以上ある不飽和脂肪酸をまとめて「トランス脂肪酸(trans-fatty acid)」と呼んでいます。
MRtavDm
引用元:農林水産省/すぐにわかるトランス脂肪酸 http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/

大きい分類では、常温で固まりやすく、摂りすぎると動脈硬化などの要因になる「飽和脂肪酸」と、常温では固まりにくい「不飽和脂肪酸」に分けられます。アラキドン酸は、魚油に多く含まれるDHAやEPAと同様に、不飽和脂肪酸の仲間です(図表1参照)。
uxsoSNt
引用元:魚油に多く含まれるDHAと同じく固まりにくい不飽和脂肪酸の仲間|「脳の健康」をサポートする栄養成分アラキドン酸(1/5)|ニッスイ企業情報サイト http://www.nissui.co.jp/academy/market/20/