「肝斑」かんぱん 顔面にできる淡褐色の色素斑 女性に多い

073fcYxVqh
女性が気にする、顔にできる
「しみ」のことです
肝斑
かんぱん(答)

肝斑 (かんぱん、Chloasma)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。形状が肝臓に似ていることからこの名がついた。
>原因はまだはっきりとわかっていない。 妊娠・経口避妊薬が誘引になったり、更年期にピルを内服中にあらわれることもある。閉経すると自然に治ることも多い。プロゲステロンなどの女性ホルモンが影響するといわれているのはそのためである。
引用元:肝斑 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%9D%E6%96%91

30歳以降の女性の顔面に左右対称にできる淡褐色の境目のくっきりした色素斑(図1)。妊娠や避妊用ピル、閉経後のホルモン補充療法に合併して発生することもあります。頬骨の部分~おでこに多く、目の回りを避けてできるのが特徴です。非常に軽いものも含めると頻度の高い「しみ」です。ほかのしみと合併していることもしばしばあります。
引用元:肝斑(いわゆる「しみ」)|慶應義塾大学病院 KOMPAS http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000292.html

シミの中で、もっとも一般的に思いおこすのが日光黒子(老人性色素斑)という、紫外線が原因でおこる色素斑でしょう。色の濃い円形のシミは、お化粧で隠すのもひと苦労。また、小さな斑点が広がるソバカス(雀卵斑)もシミの一種です。そして、ちょっと聞きなれない人もいるかもしれませんが、「肝斑(かんぱん)」もそのひとつです。このほか、ソバカスより少し大きめのまるい色素沈着が両ほほなどにできる、対称性真皮メラノサイトーシスと呼ばれるシミなどもあります。
引用元:そもそも、シミには種類があるんです@かんぱんサプライズ|かんぱんINFORMATION http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/surprise/01.html

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。
ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている、などが、肝斑のポイントです。
また、肝斑は目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
引用元:肝斑というシミの知識の入門編 3分でわかるかんぱん|かんぱんINFORMATION http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/3minutes/index.html