「ラムズイヤー」シソ科の植物「lamb’s-ear」子羊の耳 「草石蚕」ちょろぎ・赤漬けし黒豆に混ぜられるシソ科の植物 「ヒソップ」シソ科のハーブ・和名「ヤナギハッカ」ベネディクティンの材料

025KNflIxK
気持ちの良い肌さわりから
その名がついたシソ科の植物
ラムズイヤー(答)

線結び
次の「ラム」と読む英単語とその意味の正しい組み合わせを選びなさい
rum───ラム酒
ram───牡羊
lamb───仔羊
引用元:豊崎愛生『ソラソラ☆あおぞら』しまじろうヘソカOP 「らむりん」『しまじろうヘソカ』の羊のキャラ | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/14825/

CIMG9302RwzfvEvrhGHZ
おせち料理の黒豆に
よく混ぜられます
草石蚕
ちょろぎ(答)

CIMG2407fxBfOGK
花をハーブに用いる
シソ科の植物
和名は「ヤナギハッカ」
酒のベネディクティンの材料
カモミール
ジュニバー
エルダー
ヒソップ(答)

ラムズイヤー(lamb’s-ear、学名:Stachys byzantina)はトルコ・アルメニア・イラン原産[1][2]のシソ科イヌゴマ属の種である。和名はワタチョロギ。英名は「子羊の耳」という意味。
引用元:ラムズイヤー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC

ラムズイヤーとは
>アジア西部、コーカサス~イラクにかけて分布する毎年花を咲かせる多年草です。ワタチョロギの和名がありますが、あまり使われません。もっぱら英名のラムズイヤーで通っています。マット状に広がるので、地面を覆うグランドカバーに利用したり、花壇や寄せ植えにも利用できます。また、乾燥させた花や生葉をクラフトに利用できるので、ハーブとして扱うこともあります。日本には大正初期に入ってきました。
>ラムズイヤーはシソ科スタキス属の植物です。この属は世界におよそ300種が分布します。最近は認知度がめっきり低くなりましたが、お正月に縁起物として食べられるチョロギ〔S. sieboldii〕はこの仲間です。
引用元:ラムズイヤーとは|ヤサシイエンゲイ http://www.yasashi.info/ra_00005.htm

ヒソップ(ヤナギハッカ属、Hyssop (Hyssopus)) は、地中海の東から中央アジアまで植生する半樹木である。真っ直ぐに伸びた幹は60cmぐらいの高さになり、良い香りがする。葉は細い長方形で2-5cmの長さである。夏の間には枝の先端に青い花が咲く。10-12の種があるが、最も有名な種は、ヤナギハッカ(H. officinalis)で、地中海などで栽培されている。多くのリキュールに材料の一つとして使用されている[1]。中世においては、スープ、ピクルス、ミートパイなどに、苦味を添えることを目的に使用された[2]。
バンクスの本草書には、ヒソップは口内のあらゆる病気を治療し、人間の体内の寄生虫を駆除すると記述されている[3]。
引用元:ヒソップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%97

ベネディクティン
1510年にフランス北西部ノルマンディ地方にあったベネディクト修道院で、多種のハーブを調合してつくられた長寿の秘酒がはじまり。ハチミツの甘さと27種類のハーブやスパイスが感じられ、世界最古の薬草系リキュールとして世界各国で親しまれています。
引用元:ベネディクティン | 商品情報(洋酒) | サッポロビール http://www.sapporobeer.jp/product/liquor/benedictinedom/index.html