「トリアージタグ」カテゴリー0(死亡群)「黒」 カテゴリーⅢ(保留群)「緑」 

021QArBAAe
022EtpgqHB
災害現場などで負傷者の重症度を
色分けする「トリアージタグ」で
最も重い「死亡か救命の見込みが
ない状態」を表す色は黒ですが

最も軽い「軽傷」を表す色は?


緑(答)

NxKDbYh
引用元:ファイル:Triage tags (Tokyo Fire Department).jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Triage_tags_(Tokyo_Fire_Department).jpg

トリアージまたはトリアージュ[1](仏: triage)は、対応人員や物資などの資源が通常時の規模では対応しきれないような非常事態に陥った状況で、最善の結果を得るために、対象者の優先度を決定して選別を行うこと。
>語源は選別を意味するフランス語の「triage(トリアージュ)」である。
一般には災害医療において、負傷者等の患者が同時発生的に多数発生した場合に、医療体制・設備を考慮しつつ、傷病者の重症度と緊急度によって分別し、治療や搬送先の順位を決定すること[1]である。
>一般病院の救急外来での優先度決定も広義のトリアージであり、識別救急(しきべつきゅうきゅう)とも称する。
>日本では、阪神・淡路大震災の教訓から総務省消防庁によって、トリアージ・タッグの書式が規格として統一されている。この書式が国単位で統一されたのは日本が初めてである。
黒[6] – カテゴリー0(死亡群)
死亡、または、生命徴候がなく救命の見込みがないもの。
赤[7] – カテゴリーI(最優先治療群)
生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置をすべきもの。
黄[8] – カテゴリーII(待機的治療群)
赤ほどではないが、早期に処置をすべきもの。
一般に、今すぐ生命に関わる重篤な状態ではないが、処置が必要であり、場合によって赤に変化する可能性があるもの。
緑[9] – カテゴリーIII(保留群)
今すぐの処置や搬送の必要ないもの。完全に治療が不要なものも含む。
搬送・救命処置の優先順位はI → II → IIIとなり、0は搬送・救命処置が原則行われない。
引用元:トリアージ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B8