火星のクレーター「ミヤモト」「カゴシマ」「ツクバ」「ナルコ」 火星の小さいクレーターは地名から 命名には規則がある

444HTfReLv
164wZAbQDJ
ミヤモト
カゴシマ
ツクバ
ナルコ
火星のクレーター(答)
地球のクレーター
月のクレーター
水星のクレーター

Small craters (approximately 60 km and smaller)
>Small towns and villages of the world with populations of approximately 100,000 or less. This category is simply a large source of crater names. No commemoration of specific towns or villages is intended.
Planetary Names: Categories for Naming Features on Planets and Satellites


シューベルト
ベートーベン
ドストエフスキー
ムラサキシキブ
水星のクレーター(答)

Craters
>Deceased artists, musicians, painters, and authors who have made outstanding or fundamental contributions to their field and have been recognized as art historically significant figures for more than 50 years
Planetary Names: Categories for Naming Features on Planets and Satellites

連想
ハヤシ
チヨジョ
アキコ
ヒミコ
金星のクレーター(答)

Deceased women who have made outstanding or fundamental contributions to their field (over 20 km); Common female first names (under 20 km)
Planetary Names: Categories for Naming Features on Planets and Satellites

連想
チクシュルーブ
バリンジャー
シルバーピット
フレデフォート・ドーム
地球のクレーター(答)

連想
カッシーニ
アリストテレス
セルシウス
プラトン
月のクレーター(答)

>Deceased scientists and polar explorers who have made outstanding or fundamental contributions to their field. Deceased Russian cosmonauts are commemorated by craters in and around Mare Moscoviense. Deceased American astronauts are commemorated by craters in and around the crater Apollo. Appropriate locations will be provided in the future for other space-faring nations should they also suffer fatalities. First names are used for small craters of special interest.
Planetary Names: Categories for Naming Features on Planets and Satellites

Miyamoto is a crater lying situated within the Margaritifer Sinus quadrangle (MC-19) region of the planet Mars, west of the Plains of Meridiani. The crater is 150 kilometers (93 mi) wide. The crater’s northeastern half is filled with rocks formed in the presence of water and include minerals of iron and sulfur, which likely settled on lake bottoms or in groundwater systems.
Miyamoto (crater) – Wikipedia, the free encyclopedia

地球を除く太陽系天体の地形名には、天体や種類ごとに一定の規則があり、火星のクレーターのうち直径60km以下のものには、原則として世界各地の人口10万人以下の町や村の名前がつく。しかし、太陽系天体の地形名を管理する米国地質調査所(USGS)の公式発表では、由来となった町が所在する国名だけしか明らかにされない。Narukoには「かつて日本にあった町」という説明がついているのみだ。
Naruko=鳴子町はかつて宮城県に存在し、現在は合併して大崎市の一部となっている。命名を伝え聞いた大崎生涯学習センターの遊佐氏が佐藤氏やIAU火星命名委員長のBradford A. Smith氏らに問い合わせたところ、確かに宮城県の旧鳴子町にちなんだ命名だったとのことだ。

>なお、Naruko以外にも、Wassamu(おそらく北海道和寒町)やBise(おそらく沖縄県本部町備瀬)など9つの日本の地名が火星のクレーターになっている。また、直径60km以上の火星クレーターには火星の研究に貢献した科学者にちなんで命名され、日本人ではSaheki(アマチュア天文家の佐伯恒夫氏)とMiyamoto(天文学者の宮本正太郎氏)の2人の名前がある。
宮城県の地名「鳴子」が、火星のクレーターに

もう一度、天体やその表面の名前についての命名方法について振り返ってみましょう。
天体そのものや、天体の表面の地形(クレーターや他に、山など)は、全てIAUの承認のもとに決められています。そうしなければ、世界のあちこちで「おれが決めた火星のクレーターの名前」「私が決めた水星の山の名前」などが乱立して、収拾がつかなくなってしまいます。
IAUでの名前決定は、惑星システム命名ワーキンググループという、IAUの中のワーキンググループが実際には行っており、このワーキンググループがIAUに勧告し、最終的にAIUが決定するという形式を取ります。

>それぞれの天体の名前の決め方には、地形により分けられたカテゴリーがあります。例えば月のクレーターには科学者の名前をつける、金星の山脈には空の女神の名前をつける、といった具合です。統一性のある名前をつけることによって、科学者が名前で迷ったりすることもなくなります。
その他にも命名には非常にたくさんの規則があります。
火星クレーターの命名権販売に国際天文学連合が抗議 | 月探査情報ステーションブログ