ハエ目の昆虫「カ」「アブ」「ガガンボ」「ブユ」 吸血性が多い 「螻蛄」ケラ ミミズの鳴き声と誤認

019kvFRzxh
次のうち、ハエ目に分類される
昆虫を1つ選びなさい
カ(答)
ガ チョウ目
アブ(答)
アブラムシ カメムシ目
ハチ ハチ目
ケラ バッタ目

044XXmimLa
CIMG3127EwXvSRlMdvyd
漢字で「螻蛄」といえば
どんな生物のこと?
カタカナで答えなさい
ケラ(答)
54%

タイピング
その鳴き声はかつてミミズの鳴き声と信じられていた地中で生活する昆虫は◯◯? ◯を答えなさい
けら(答)

ハエ目(ハエもく、Diptera)は、昆虫類の分類群の一つで、カ、ガガンボ、ハエ、アブ、ブユなどを含むグループである。双翅目(そうしもく)とも呼ばれる。
>極地を除くほぼ全世界に分布する。種類数は約9万種、日本だけでも数千種が分布する。昆虫類の中では甲虫類、チョウ目、ハチ目に次いで種類数が多い。
>カやアブ、ブユなど吸血性のものが多く、これらは馴染み深い吸血動物である。血を吸うことによって痒みや痛みを発生させるだけでなく、マラリアを媒介するハマダラカ、日本脳炎を媒介するコガタアカイエカ、眠り病を媒介するツェツェバエなど、古来から恐ろしい伝染病を媒介し、人類の脅威となってきたものもいる。
屋内では便所や台所、屋外では田畑などにも多くの種類が生息しており、ほとんどが害虫として位置づけられる。汚物や腐敗物に発生する蛆やそれに関わるハエ、コウカアブなどは衛生害虫とされる。ウリミバエのようなミバエ類などは重要な農業害虫である。人間に比較的害の少ないガガンボ類やハナアブなども、見た目が不快だとして嫌われることがある。
ハエ目 – Wikipedia

 啓蟄(けいちつ)を過ぎ、4月の声を聞くとさまざまな昆虫が活動を始めます。夜、野原や畑などの柔らかい土の中から、ケラの「ビー」という声が聞こえ始めるのも4月初旬からです。独特の鳴き声は、日本では古来「ミミズの鳴き声」と信じられていたそうです。ケラは体長3cmほどのコオロギの仲間ですが、オスには前羽の羽脈に鳴くための発音器官があり、地中の巣穴を共鳴室として使うことで鳴き声を大きく響かせます。メスも小さい音を発音できるそうです(写真の個体は羽が短いメスと思われます)。
三鷹市 |第18回 ケラ(螻蛄)