「さきがけ」日本初の人工惑星 テンペル第1彗星「ディープ・インパクト」ボレリー彗星「ディープ・スペース1号」 スイフト・タットル彗星「ペルセウス座流星群」 テンペル・タットル彗星「しし座流星群」

050MskNETL
1985年打ち上げ
ジャコビニ・チンナー彗星
ハレー彗星
日本初の「人工惑星」
はやぶさ
すいせい
さきがけ(答)
セレーネ

CIMG7071xGRLJ38nHd2R
NASAの彗星探査機
「ディープ・インパクト」が
探査した彗星は「◯◯◯◯
第1彗星?
ンルレーナ
ジペボテリ
テンペル(答)
「テンペル第1彗星」

ですが、「ディープ・スペース1号」が調査した彗星は「○○○○彗星」?
ボレリー(答)
「ボレリー彗星」

文字パネル
ペルセウス座流星群の母天体である彗星は◯◯◯◯・タットル彗星?
スイフト(答)

ですが、しし座流星群の母天体である彗星は○○○○・タットル彗星?
テンペル(答)

さきがけ (MS-T5) は日本の宇宙科学研究所が初めて打ち上げた惑星間空間探査機(人工惑星)である。1985年1月8日に鹿児島宇宙空間観測所からM-3SIIロケット1号機で打ち上げられた。
さきがけは、ハレー彗星を探査する すいせい(PLANET-A)の試験探査機として打ち上げられた。ハレー彗星の探査の他に、新たに改良された M-3SIIロケットの性能確認や深宇宙探査技術の習得などを目的としていた。姉妹機であるすいせいと異なり、さきがけには撮像装置は搭載されていない。
>1998年にはジャコビニ・ツィナー彗星への接近観測を行う計画も検討されたが、推進剤が不足していたために断念され、1999年1月8日に探査機の送信機が停止されて運用を終了した。
さきがけ (探査機) – Wikipedia

すいせい(第10号科学衛星、PLANET-A)は日本の宇宙科学研究所 (ISAS)(現 宇宙航空研究開発機構 (JAXA))が打ち上げた2機目の宇宙探査機である。1985年8月19日に鹿児島宇宙空間観測所からM-3SIIロケット2号機で打ち上げられた。
すいせいは先立って打ち上げられていた探査機さきがけとともにハレー彗星の国際協力探査計画(通称ハレー艦隊)に参加し、太陽風とハレー彗星の大気との相互作用を観測したり、紫外線で彗星のコマを撮像することを目的としていた。
すいせい – Wikipedia