「ジョン・プリングル」赤十字を創設 コプリ・メダル受賞 軍事医学の創設者 「トーマス・ウィリス」大脳動脈輪に名を残す英国医師 王立協会の創立メンバー

091ORqOCZZ
CIMG2190YwABtLRpQoOR
イギリスの医師
1752年にコプリメダル受賞
赤十字の創設メンバー
様々な軍事医学の創始者
チャールズ・シェリントン 「シナプス」の命名者
ジョン・プリングル(答)
トーマス・ウィリス 「大脳動脈輪」
ピーター・メダワー 「後天性免疫耐性の発見」
ルートヴィヒ・グットマン 「パラリンピックの父」

CIMG6071WBQHkYhqJwgu
イギリスの医師
著書に『脳の解剖学』
国際脳卒中会議が贈る賞
大脳動脈論の別名
ジョン・プリングル
トーマス・ウィリス(答)
ルートヴィヒ・グッドマン
チャールズ・シェリントン

010XazBMzKDos
イギリスの数学者
ブラックホール特異点定理を証明
2008年コプリ・メダルを受賞
三角形の錯視図形に名を残す
ロジャー・ペンローズ(答)
アンドリュー・ワイルズ
ジョン・ナッシュ
グリゴリー・ペレルマン
ロジャー・ペンローズ 「ブラックホール特異点定理」「ペンローズの三角形」 | わかればいいのに I wish I knew

135GRKzmytMOz
幕末の箱館戦争に参加し、敵味方
の区別なく治療したという医師で
後に民間救護団体の先駆けである
同愛社を創設したのは?
寺松凌則
重野安雲
山島宗繹
高松凌雲(答)
たかまつりょううん

佐野常民も復習します。

115EXHLVEpPLe
この映像から連想される
人物は?
(動画出題)
榎本栄龍
渋野武一
江川英揚
佐野常民(答)
さのつねたみ
「高松凌雲」箱館戦争で日本初の赤十字活動をした医者 同愛社 | わかればいいのに I wish I knew

初代准男爵、サー・ジョン・プリングル(Sir John Pringle, 1st Baronet、1707年4月10日 – 1782年1月18日)はイギリスの医師、1752年のコプリ・メダルの受賞者である。1745年に王立協会のフェローに選出され、1772年から1778年まで会長を務めた[1]。
スコットランド生まれで、セント・アンドルーズ大学、エディンバラ大学で商業を学ぶ。その後オランダのライデン大学で医学に転向する。1733年からエディンバラ大学で道徳哲学の教授を務めた。オーストリア継承戦争に軍医として従事し、野戦病院の実状を知り、その環境の改善を行った。赤十字社の設立者の一人である。
ジョン・プリングル – Wikipedia

サー・チャールズ・スコット・シェリントン(Sir Charles Scott Sherrington, 1857年11月27日– 1952年3月4日)はイギリスの生理学者である。1932年神経細胞の研究でノーベル生理学・医学賞をエドガー・エイドリアンと受賞した。
近代神経生理学のパイオニアでシナプスの命名者である。関節の筋が収縮すると、その逆側の筋(拮抗筋)が弛緩すると言う『シェリントンの法則』に名前が残っている。
チャールズ・シェリントン – Wikipedia

Thomas Willis (27 January 1621 – 11 November 1675) was an English doctor who played an important part in the history of anatomy, neurology and psychiatry.[1] He was a founding member of the Royal Society.
>He was a pioneer in research into the anatomy of the brain, nervous system and muscles. His most notable discovery was the “Circle of Willis”, a circle of arteries on the base of the brain.
Thomas Willis – Wikipedia, the free encyclopedia

大脳動脈輪(だいのうどうみゃくりん)とは内頚動脈と椎骨動脈の枝が連絡し形成された輪状もしくは六角形の吻合である。発見者トーマス・ウイリスの名前をとってウイリス動脈輪ともいう。
大脳動脈輪 – Wikipedia

ピーター・ブライアン・メダワー(Peter Brian Medawar、1915年2月28日 – 1987年10月2日)は、ブラジル生まれのイギリスの生物学者で、移植組織に対する免疫系の研究で知られる。この研究によって、彼はフランク・マクファーレン・バーネットとともに1960年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。姓はメダウォーとも訳される。
>1960年、臓器移植の基礎となる組織移植の研究と後天性の免疫寛容の発見によって、メダワーはバーネットとともに1960年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。この研究は、火傷の跡に皮膚を移植する時などに役に立っている。メダワーの研究によって、免疫学の研究の方向性が、完成した免疫機構を扱う立場から免疫の機構そのものを変化させる立場へと変化し、移植臓器の拒絶を抑圧する方法へつながった。
ピーター・メダワー – Wikipedia

ルートヴィヒ・グットマン(Ludwig Guttman, 1899年7月3日 – 1980年3月18日)は、ドイツ国(当時)[1]出身のユダヤ系神経学者で、「パラリンピックの父」とされる。
>第二次世界大戦における戦闘で障害を持つことになった傷痍軍人たちの治療を通じて、その身体的・精神的なリハビリテーションにスポーツが最適であると考えたグットマンは、1948年、入院患者を対象としたストーク・マンデビル競技大会を始めた。この競技会はその後国際大会として開催されるようになり、参加者数も増えて規模が拡大し、1960年に同年のオリンピックと同じイタリア、ローマで開催された国際ストーク・マンデビル車椅子競技大会が、のちにパラリンピックの第1回大会、ローマパラリンピックと見なされることとなった。傷痍軍人たちを治療している頃に「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ。」という言葉をかけている。 グットマンはイギリス障害者スポーツ協会の設立者でもあり、大英帝国勲章も授与された。
ルートヴィヒ・グットマン – Wikipedia

サー・チャールズ・スコット・シェリントン(Sir Charles Scott Sherrington, 1857年11月27日– 1952年3月4日)はイギリスの生理学者である。1932年神経細胞の研究でノーベル生理学・医学賞をエドガー・エイドリアンと受賞した。
近代神経生理学のパイオニアでシナプスの命名者である。関節の筋が収縮すると、その逆側の筋(拮抗筋)が弛緩すると言う『シェリントンの法則』に名前が残っている。
チャールズ・シェリントン – Wikipedia