「クロシン」 サフラン中の黄色色素 神経系に作用 「山梔子」クチナシ

088YdMKHBV
黄色い色素
中枢神経を活性
クチナシの実
サフランの雌しべ
テトラセン
クマリン
クロシン(答)
ウロビリン
クルクミン

CIMG3711RiBVgkElyFjZ
果実が熟しても割れないことから
名がついた、アカネ科の常緑低木
山梔子
クチナシ


沢庵漬けなどを黄色くするためこれの実を利用します
山梔子
くちなし

エフェクト
乾燥させた果実は黄色の着色料として用います
梔子
くちなし

クロシン (crocin) は、水溶性のカロテノイド系の黄色の色素。クロチンとも呼ばれる。クロセチンが2分子のゲンチオビオースと縮合したジエステル。分子式は C44H64O24、CAS登録番号は [42553-65-1]。メタノール溶液から得た水和物の針状結晶は赤褐色を呈し、その融点は186°C。温水に溶け、橙色の水溶液を与える。
クロシン – Wikipedia

サフラン栽培の現況とその薬理効果
正 山 征 洋
長崎国際大学薬学部
 サフランは主成分として,赤色のカロテノイド色素,辛味成分であるピクロクロシン,香りの良いサフラナール等である.カロテノイド色
素にはクロセチンに4分子のグルコースがついているクロシン,クロセチンにグルコースが3分子ついたもの,およびクロセチンにグルコー
スが2分子ついたものがある
>本稿では記憶学習や脳神経細胞のアポトーシスに対するサフランとクロシンの作用について我々の研究結果を中心に触れる.

クリックして31-1-04.pdfにアクセス

テトラセン (tetracene) は、有機化合物の一種。ベンゼン環が直線上に縮合して連なった構造を持つ芳香族炭化水素、アセン類のひとつで、テトラセンは4環からなる。淡黄色の固体。
化学発光の演示実験で、蛍光発光剤として用いられる。
テトラセンは有機半導体のひとつで、有機電界効果トランジスタ (OFET)、有機エレクトロルミネッセンス (OLED) の材料として利用される。
テトラセン – Wikipedia

クマリン (coumarin) は化学式 C9H6O2 で表される有機化合物。ラクトンの一種で、芳香族化合物である。常温では無色の結晶または薄片状の固体。
>1876年にウィリアム・パーキンがサリチルアルデヒドと無水酢酸の反応(パーキン反応)により合成に成功。現在では香料、軽油識別剤、医薬品原料として用いられている。
クマリンは桜餅の天然香り成分であり、シナモンの香り成分のシンナムアルデヒドやコーヒーの香り成分であるコーヒー酸とともに知られている。
クマリン – Wikipedia

世界大百科事典 第2版の解説
ウロビリン【urobilin】

(化学式)褐色の胆汁色素の一つ。化学式はC33H42O6N4。無色のウロビリノーゲン(ヘモグロビンなどに含まれるポルフィリンの代謝産物であるビリルビンの還元により生成される)が酸化されて生成する。胆液に含まれ,糞(ふん)の一部として排泄される。尿が排泄後褐色になるのは,尿中に少量含まれるウロビリノーゲンが空気中の酸素により酸化されるためである。なお肝臓障害などにより血中,尿中のウロビリノーゲン,ビリルビン濃度は上昇する。
ウロビリン(ウロビリン)とは – コトバンク

クルクミン (curcumin) はカレーのスパイスであるウコン(ターメリック、学名Curcuma longa)の黄色色素。ポリフェノールの一種であるクルクミノイドに分類される。ケト型とエノール型の2つの互変異性体が存在し、固体および溶液中においては後者の方がエネルギー的に安定である[1]。
ホウ酸と反応して赤色の化合物ロソシアニンを生じるため、ホウ素の定量に用いることができる(クルクミン法)。
鮮やかな黄色を持つことから、天然の食用色素として用いられる。食用色素としての表示例としては、ウコン色素、クルクミン、ターメリック色素、などのように表記され、伝統的な用途例としては、漬物、水産ねり製品、栗のシロップ漬、和菓子などがあげられる。
クルクミン – Wikipedia