脳の部位と総称 大脳「終脳」脳幹「延髄」「橋(きょう)」「中脳」「間脳」 交感神経『闘争・逃走状態へ』「瞳孔拡大」「鼓動多拍」「膀胱に尿」 副交換神経『消化・休憩』「胃腸活発」「だ液増加」

013mfOqyF
CIMG4975
次のヒトの脳の部位を
その一般的な総称ごとに
グループ分けしなさい

大脳脳幹
中脳
終脳
延髄
間脳

008Desktop
引用元:脳の構造・働き・機能 http://kaiwa-kouza.com/contents/wh10_4_2.html

140TXhskVaMXl
CIMG3351mRJbREYQFLGh
次のうち、人間の交感神経が
働いた時の各臓器の状態として
正しいものを全て選びなさい
胃腸が活発に動く
膀胱に尿を溜める(答)
心臓の拍動がはやくなる(答)
だ液がでやすくなる

CIMG3558
次のうち、人間の副交換神経が
働いた時の各臓器の状態として
正しいものを全て選びなさい
膀胱に尿を溜める
瞳孔が縮小する(答)
だ液がでやすくなる(答)

大脳(だいのう、羅: 英: Cerebrum)、あるいは、終脳(英: Telencephalon)とは、中枢神経系の一部である。頭蓋骨の直下に位置し、ヒトでは非常に発達している。大きく分けると次の三つの構造に分けられる。
大脳皮質:表層の灰白質
白質:大脳皮質の下にある神経線維の束
大脳基底核:大脳中心部で間脳の周囲を囲むように存在する神経細胞の集まり
大脳の機能は次の通りである。 知覚、知覚情報の分析、統合、運動随意性統御、記憶、試行、神経の伝導路。
大脳 – Wikipedia

脳幹(のうかん、英: brain stem)は、中枢神経系を構成する器官集合体の一つ。延髄と橋、中脳と間脳を合わせて脳幹と呼ぶ。狭義の「脳幹」では間脳すなわち視床および視床下部を除外するが、この意味をより明確に表すため下位脳幹 (lower brainstem) という用語が用いられる。また、脳幹・(間脳)・小脳・大脳を合わせて脳と呼ぶ。
脳幹 – Wikipedia

小脳(しょうのう、英: cerebellum、ラテン語で「小さな脳」を意味する)は、脳の部位の名称。脳を背側から見たときに大脳の尾側に位置し、外観がカリフラワー状をした部分である。脳幹の背側に位置しており、脳幹と小脳の間には第四脳室が存在する。重さは成人で120~140グラムで、脳全体の重さの10%強をしめる。小脳の主要な機能は知覚と運動機能の統合であり、平衡・筋緊張・随意筋運動の調節などを司る。このため、小脳が損傷を受けると、運動や平衡感覚に異常をきたし、精密な運動ができなくなったり酒に酔っているようなふらふらとした歩行となることがある。
小脳 – Wikipedia

oTQaPtRA
 ヒトの脳は、大きく大脳、小脳、脳幹(脳の中心に縦につながっている部分)の3つに分けられます。脳幹はさらに、間脳、中脳、えんずいの3つに分けられます。
http://gakusyu.shizuoka-c.ed.jp/science/chuugaku/seibutu/sigekitohannou/tutawarusikumi/noutosinkei/hito-tyuusuusinkei.html

ヒトの神経は中枢神経系と末梢神経系に分けることができる。中枢神経は脳と脊髄から構成されている。この部分で眼や耳から入ってくる全ての情報を統合し、体を動かす筋肉に伝えます。

末梢神経は運動と感覚をつかさどる体性神経と自律機能を統合する自律神経の2種類がある。

また運動や感覚など、刺激に応じて行動を起こす働きを動物性機能(体性神経が関与する)といい、消化や呼吸などの生命維持の基本となる働きを植物性機能(自律神経が関与する)という。
http://kusuri-jouhou.com/pharmacology/nervous-system.html

交感神経
運動をしている時、私たちは興奮している状態となります。この時、心臓の拍動数は早くなり、汗が分泌されるようになります。

このように、体を活発に活動させる時に働く神経が交感神経です。交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。
DuoDsVvy
http://kusuri-jouhou.com/domestic-medicine/nerve3.html

 副交感神経
「副交感神経は交感神経の逆の働きをする」と考えれば良いです。交感神経は運動時などの興奮した時に活発となるのに対して、副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。

例えば、食事中は気分を落ち着かせて食べるのが基本です。睡眠中も同じように体を休めている状態です。このように、食事中や睡眠時など体を落ち着かせている時に強く働く神経が副交感神経です。
tZRlAElQ
http://kusuri-jouhou.com/domestic-medicine/nerve3.html

地上で生活をする人間からすれば、ちょっと困った存在のアレ。鳥が飛びながらフンをする理由は、「少しでも身体を軽くして、飛びやすくするため」ということが有名ですが、なぜ、白いのか。ふとそんな疑問を感じました。
>さらに、鳥が「尿素ではなく、尿酸を排出すること」を採用した経緯には、もう1つの理由も考えられるそうです。『鳥の雑学事典(山階鳥類研究所編/日本実業出版社)』によれば、鳥は飛ぶために、とにかく体重を軽くしなければならないため、なるべく水も飲まないし、排出もしない、という対策をとっているそうです。しかし、ほ乳類のように、アンモニアを水に溶ける「尿素」に変えてしまったら、水も同時に排出されてしまい、体内に保持している貴重な水が奪われてしまいます。そこで、水に溶けない「尿酸」として排出することにしたのではないか……ということなのです。
時々落ちてくる困ったアレ……「鳥のフン」が白いのはナゼ!? – Excite Bit コネタ(2/2)