秋の七草「ハギ」「キキョウ」「クズ」「フジバカマ」「オミナエシ」「オバナ」「ナデシコ」

009qXbaMNA
次のうち、「秋の七草」に
含まれるものを全て選びなさい
ハギ(答)
スズナ
ゴギョウ
61%

188VMgdlxTxER
次のうち、キク科の
植物を1つ選びなさい
ペチュニア 「ナス科」
サルビア 「シソ科」
ケイトウ 「ヒユ科」
ヒマワリ(答)
キャベツ 「アブラナ科」
ゴボウ(答)
レタス(答)
スイートピー 「マメ科」

CIMG1392uaiEwzFDekIB
次の「秋の七草」に
数えられる植物と
それが分類される科の
正しい組み合わせを選びなさい
フジバカマ───キク科
ハギ───マメ科
オバナ───イネ科


次の「春の七草」に数えられる植物とそれが分類される科の正しい組み合わせを選びなさい
ナズナ───アブラナ科
ハコベ───ナデシコ科
ゴギョウ───キク科

CIMG2405HvzqboeDWt
「春の七草」のひとつ
ホトケノザは
◯◯◯◯の別名?
タョベコギ
ゴハラウビ
タビラコ(答)
「田平子」

163DbLnOXGyvH
土からいきなり
生えているように
見える葉を何という?
生葉根
根生葉(答)
こんせいよう
「根生葉(こんせいよう)」タンポポなど、根から出ているように見える葉 「ロゼット葉(よう)」根出葉が放射状に広がったもの | わかればいいのに I wish I knew

090nLdthGbCdh
切り口から乳に似た汁が出るため
「乳草」がなまって「ちしゃ」の
和名を持つ野菜は◯◯◯?
◯を答えなさい
レタス(答)
「萵苣(ちしゃ)」
CIMG0804znBopzcwYeQM
「ニガヂシャ」「キクヂシャ」
という別名があるキク科の野菜は
○○○○○? ○を答えなさい
エンダイブ(答)

レタス「乳草」「萵苣ちしゃ」 エンダイブ「ニガヂシャ」「キクヂシャ」 「キャベツ畑人形」 アブラナ科「白菜」「キャベツ」 サニーレタス「日産サニー」から ハネムーンサラダ「レタスだけのサラダ」から「Let us alone」 | わかればいいのに I wish I knew

秋の七草とは次の7つのことで、秋を彩る植物として親しまれています。
・萩(ハギ)
・桔梗(キキョウ)
・葛(クズ)
・藤袴(フジバカマ)
・女郎花(オミナエシ)
・尾花(オバナ/ススキのこと)
・撫子(ナデシコ)

桔梗(キキョウ) /花期は夏なので、夏の着物によく描かれています(写真:「季節の花 300」)
春の七草は、1月7日の七草粥として有名ですが、秋の七草には直接何かをする行事がなく、主に観賞用。そのためか意外に覚えられず、すぐに忘れてしまいます……そこで、秋の七草の覚え方をご紹介!マスターすれば、秋の散策やフラワーアレンジがぐんと楽しくなるでしょう。
>ハギ・キキョウ / クズ・フジバカマ / オミナエシ / オバナ・ナデシコ / 秋の七草

藤袴(フジバカマ)/香りが強く、貴族たちは湯に入れたり、衣服や髪につけていたとか。別名「蘭草」「香水蘭」(写真:「季節の花 300」)
これを繰り返し口ずさんでいれば、自然にマスターしてしまいます。
>【欲張りチェック! 春の七草の覚え方】
春の七草も、五・七・五・七・七のリズムに合わせて覚えます。
「セリ・ナズナ / ゴギョウ・ハコベラ / ホトケノザ / スズナ・スズシロ / 春の七草」
引用元:秋の七草の覚え方~「ハスキーなお袋」 [暮らしの歳時記] All About http://allabout.co.jp/gm/gc/220567/

キク科(キクか、学名:Asteraceae、保留名:Compositae)は、被子植物真正双子葉類に属する1分類群である。もっとも進化し、もっとも分化している植物とされる。
>草本(そうほん)または木本(もくほん)。
キク、タンポポのように小さな花(小花)がたくさん集まり、さらにそれが一個の花に見える点が形態上の主な特徴である。このような花の形状を頭状花序(とうじょうかじょ、略して頭花)という。
>世界ではおよそ950属2万種、日本では約70属360種のキク科植物が知られており、地球上のほとんどの地域で生育可能である。また、そのため、キク科には多くの栽培植物、帰化植物が存在している。
キク科 – Wikipedia

キク科の植物|ヤサシイエンゲイ

キク科の野菜一覧 | 野菜図鑑 | アイリス家庭菜園ドットコム | プランター菜園の全てが分かる情報コミュニティサイト

コオニタビラコ(小鬼田平子)とは、キク科に属する越年草の一つ。タビラコ(田平子)やホトケノザ(仏の座)ともいい、春の七草の一つとしても知られている。標準和名としてはコオニタビラコを使用する。学名はLapsana apogonoides Maxim.
湿地を好み、田や周囲のあぜ道などに多く生える。初春の水田ではロゼット葉を広げて地面にはいつくばった姿で見られる。
コオニタビラコ – Wikipedia