タイ原産のネコ「シャム(張った耳に青の瞳)」「コラット」 イギリス原産「ソマリ」 「漁猫」スナドリネコ

340FtZAtqG
この猫の品種は何?
シャム猫(答)
アビシニアン
メインクーン
ペルシャ猫

0180lqtKXJmmYZ
次のうち、タイ原産の
ネコの品種を1つ選びなさい
シャムネコ(答)
ソマリ イギリス原産
ボンベイ アメリカ原産
コラット(答)
アビシニアン エジプト原産説が有力
オシキャット アメリカ

CIMG6934tmAX6sEjjO
猫の品種・ソマリの
原産国はイギリスである
◯(答)
×ソマリア

CIMG3568
1983年に、アメリカ・ルイジアナ
で突然変異によって誕生した、
ダックフンドのような短い脚が
特徴的なネコの品種は?
マムリカク
バンミッズ
ラグチール
マンチカン(答)

CIMG0365KtMNtHHPeKje
トルコの湖周辺に棲む野生種から
生み出された、水を嫌わない
猫の品種はターキッシュ◯◯?
◯を答えなさい
バン(答)
「ターキッシュバン」
Turkish Van

CIMG5754MeQFTsbApg
漁をする習性から
命名された哺乳類です
漁猫
スナドリネコ(答)
「漁り(すなどり)猫」

シャム(英:Siamese / 泰:วิเชียรมาศ)(シャム猫、シャムネコ、暹羅猫)は、タイ王国原産で短毛種の猫である。
>古来よりタイには3種のネコ、シィ・サワット(コラットの原型)、スパラック(バーミーズの原型)、そしてシャムが存在していた。中でもシャムは王室や貴族、寺院など、高貴な血筋の家系でのみ飼うことが許されるなど非常に尊い扱いをうけてきた。それが1884年にイギリス総領事であったゴードンに寄贈されたことによりイギリス本国へ渡り、ロンドンのクリスタルパレスで行われたキャットショーにてその特徴的な毛色が注目を集め、世界に広がる事となった[1]。 V字型の顔、長く細い美しい尾と四肢、ピンと張った肉の薄い耳、そして毛色はともかく、シャムと呼ぶためにはサファイアブルーの瞳が必須条件になる。
引用元:シャム (ネコ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A0_(%E3%83%8D%E3%82%B3)

コラット(泰:โคราช,英:Korat)は、タイ王国に起源を有する、猫の一品種。
>タイ王国の北東部に位置するコラット地方に自然発生したと考えられ、当時国を統べていたラーマ五世の命名と伝えられるコラットという名[1]に加え、「幸運の猫」を意味するシ・サワットという異称を有してもいる。[文献1 1] 起源はアユタヤ王朝の時代(西暦1350〜1767年)にまで遡るものと考えられている。同時代に記された文書の内に、高原地方たるコラットに生息する、シ・サワットという銀青色の猫の話が現れる。「滑らかな毛の先端は雲のごとく、付け根は銀のごとく、その瞳は蓮の葉においた露のように輝く」と称され、当時から既に幸福と繁栄の象徴として大切にされていた。
コラット – Wikipedia