エピオルニス「象鳥」マダガスカル ジャイアントモア「タレポ」「巨大恐鳥」ニュージーランド

015xiTeRRNPHs
絶滅した飛べない鳥
マダガスカルに生息
別名「象鳥』
怪鳥ロックのモデル
ドードー
エピオルニス(答)
ダチョウ
モア

エピオルニス(Aepyornis)[2]は、アフリカのマダガスカル島に17世紀頃まで生息していたと考えられている地上性の鳥類。非常に巨大であり、史上最も体重の重い鳥であったと言われている[3]。
マダガスカル島の固有種である。
>伝説の巨大な鳥・ロック鳥のモデルだったのではないかとも言われている。ただし、エピオルニスは伝説のロック鳥と違って翼が退化しており、空を飛ぶことは全くできなかった。
引用元: エピオルニス – Wikipedia

視点・論点 「幻の鳥”エピオルニス”の謎に迫る」
引用元: 視点・論点 「幻の鳥"エピオルニス"の謎に迫る」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK

ジャイアントモア(英語: Giant Moa、Dinornis maximus)は、ニュージーランドに生息していた、飛べない大型の鳥類、モアの一種。和名はオオゼキオオモア(大関大モア)。絶滅種の一つ。
>鳥類ダチョウ目モア科に属し、頭頂までの高さは最大で約3.6m、体重は250㎏ほどであったと推定されている。現存する最も大きな鳥であるダチョウよりもはるかに巨体であり、絶滅種を含めると世界で最も背の高い鳥であったとされる[1]。
>ちなみにマオリ人はこの鳥の仲間を「タレポ」と呼んでいた。中国語では「巨型恐鳥」。
引用元: ジャイアントモア – Wikipedia

CIMG72096afiymvC2jFA
次の絶滅した鳥を
最後に確認された年代が
古い順に選びなさい
ドードー
ジャイアントモア
エピオルニス
ワライフクロウ