「アルブチン」日本精化が工業的製法を開発 美白効果 チロシナーゼ活生阻害

061XnIXhFVRDN
CIMG1648YCKFTtYXVFac
コケモモなど植物にも含まれる
日本精化が工業的製法を開発
医薬部外品の有効成分
優れた美白効果を示す
プラセンタ
イソフラボン
アルブチン(答)
メリロート
トレハロース
ヒアルロン酸

「ヒアルロン酸」などがダミー選択肢にでてくると誤答しがちです。


優れた保水効果
でん粉から大量生産が可能
糖質の一種
別名「マッシュルーム糖」
トレハロース(答)

連想
漢方薬では「紫河車」
ブタ由来、ウシ由来
始皇帝も珍重したとされる
胎盤からの抽出物
プラセンタ(答)

連想
優れた保湿効果
靭帯や腱
骨などを形成
タンパク質の一種
鍋料理でも人気
コラーゲン(答)


肌のうるおいを保つことで有名な「ヒアルロン酸」といえば、生理学的には何という多糖類の一種?
ムコ多糖類(答)

アルブチン (arbutin) はコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体である。
メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、化粧品などに使用されている。
β型とα型がある。一般に使用されているのはβ-アルブチンである。
また、利尿作用と尿路殺菌作用があり、尿路消毒薬とされる。
アルブチン – Wikipedia

アルブチン
高いチロシナーゼ活性阻害作用を有する代表的な美白主剤
医薬部外品の主剤として使用可能
チロシナーゼの活性阻害を有する
複数濃度で前例取得済み
アルブチン アルブチン|日本精化株式会社
ZZGIPjyGeE
http://www.nipponseika-cosme.com/products/pdfdownload.html?c=c22zn9o34r0w664ulet7gs74i7a5q9&type=tech&lang=ja

医薬品等への転用[編集]
また、ブタやウマ、ヒト等の胎盤が、医薬品・化粧品・健康食品等に利用されている(漢方薬の紫荷車(しかしゃ)など)。嫌悪感を緩和するためか、日本語で「胎盤」ではなく英語読みの片仮名表記でプラセンタと表示されていることが多い。
>また、現在でもヒト胎盤を原料としてエキス化して注射剤にしたものが、肝臓病(慢性肝疾患における肝機能の改善)や、婦人科疾患(母乳分泌促進)、更年期障害の治療を目的として数種類、医薬品として認可されている。ただし、実際にはアンチ・エイジングというような美容目的や健康目的でこれらを使用するケースも多いといわれる(この場合、健康保険による3割負担は利かずに自由診療となる)。なお、この薬剤は医師の処方箋・指示箋が必要である。
胎盤 – Wikipedia

セイヨウエビラハギ(メリロート)
血流改善効果が炎症効果、うっ血性の諸症状に用いられます。
>マメ科の草本で、ヨーロッパやアジアに分布しています。成分としては、クマリン誘導体、クマリン及び配糖体やケンフェロールなどのフラボノイド類を含有します。内用として、下肢部における痛みとだるさ、夜間のこむらがえり、かゆみ、及び腫脹のような慢性静脈機能不全による障害、血栓性静脈炎、血栓症後の症候群、痔疾患、リンパうっ滞の治療補助に用います。外用では、打撲傷、捻挫、皮膚表面の出血に用います。民間療法では利尿剤としても用いられます。動物実験では、傷の治癒促進の報告もあります。
セイヨウエビラハギ(メリロート) | 食品素材 | 日本粉末薬品株式会社

ヒアルロン酸(ヒアルロンさん、英: hyaluronic acid)は、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。学術上はヒアルロナン(英: hyaluronan)と呼ぶ。
>人体の水分維持に貢献しているヒアルロン酸だが、それを補うとして、健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品(いわゆる「飲むヒアルロン酸」)が存在する。変形性膝関節症に対するヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については、『飲むヒアルロン酸』が宣伝されているが、効果不十分のため特定保健用食品にも認定されていない。ヒアルロン酸は飲んでも分解されて全身に散らばり、関節液に有効量移行する量を飲むことは実際に不可能であり、医学的に効果を証明されていない[2]。
ヒアルロン酸 – Wikipedia