【第四十三条の三の三十二】核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律

日本において、原子力発電所は
原則として稼働開始から何年で
廃炉となる?
20年

40年
50年
30年
42%

080NAXhwip
日本において、原子力発電所は
原則として稼働開始から何年で
廃炉となる?
40年(答)
30年
50年
20年

原子炉(げんしろ)の「し」で四十年と覚えましょう。法律の枝番の数がすごいですね。

(運転の期間等)
第四十三条の三の三十二  発電用原子炉設置者がその設置した発電用原子炉を運転することができる期間は、当該発電用原子炉の設置の工事について最初に第四十三条の三の十一第一項の検査に合格した日から起算して四十年とする。
2  前項の期間は、その満了に際し、原子力規制委員会の認可を受けて、一回に限り延長することができる。
3  前項の規定により延長する期間は、二十年を超えない期間であつて政令で定める期間を超えることができない。
4  第二項の認可を受けようとする発電用原子炉設置者は、原子力規制委員会規則で定めるところにより、原子力規制委員会に認可の申請をしなければならない。
5  原子力規制委員会は、前項の認可の申請に係る発電用原子炉が、長期間の運転に伴い生ずる原子炉その他の設備の劣化の状況を踏まえ、その第二項の規定により延長しようとする期間において安全性を確保するための基準として原子力規制委員会規則で定める基準に適合していると認めるときに限り、同項の認可をすることができる。
引用元:核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律 https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=332AC0000000166#725

056migyywyRgo
福井県にある原発
1970年に営業運転開始
1号機は日本最古の軽水炉
新型転換炉「ふげん」が隣接
美浜発電所
高浜発電所
敦賀発電所(答)
大飯発電所

原発関連をまとめて復習しましょう。読み方も難しい発電所が多いですね。

CIMG2917BDtLeLiGWeoz
CIMG2182YHSPzwDZDuFL
CIMG5571
次の原子力発電所を
保有する電力会社ごとに
グループ分けしなさい

関西電力東京電力東北電力九州電力
女川(おながわ)原子力発電所
高浜発電所
柏崎刈羽(かしわざきかりわ)原子力発電所
川内(せんだい)原子力発電所
美浜発電所
大飯発電所
玄海原子力発電所

066gSunmoXKaG
イギリス北西部のアイリッシュ
海に面して建設された
世界最初の商業原子力発電所は
◯◯◯◯◯◯◯◯発電所?
ールコーホーダル
コールダーホール(答)
Calder Hall Nuclear Power Station

035CoPLIla
CIMG2562BAhTCPOFXKvP
原子炉が実用化に
至るまでの次の諸段階を
建設する順に選びなさい
実験炉
原型炉
実証炉
実用炉

CIMG1501baCQtcyNiRmp
1956年にアジアで初めて
原子炉の運転に成功した国は?
中国
パキスタン
日本
インド(答)

CIMG1227
2011年5月、菅首相の要請により
原子炉が全面停止された原子力
発電所は「○○原子力発電所」?
○の漢字をひらがなで答えなさい
はまおか
「浜岡原子力発電所」

(2)原発「40年」ルールについて

石川)日本の原子力規制委員会(NRA)は、「原子炉を運転開始時から40年で閉鎖する。特別に認可すれば60年まで認める」というのを原則化した。これは、米国の「40年」ルールを参考にしたもの。米国では、「40年」で閉鎖することを原則としているのか?

クライン)それは違う。私がNRC委員長を辞す時、既に半数の原発について「60年」までの延長が認められていた。NRCには「40年」を超えて「60年」まで稼働させることに関する評価プロセスが確立している。「40年」は、一つの節目に過ぎない。〔筆者註:現在、米国の稼働中の原発は99基、このうち「60年」までの延長が承認済みなのは73基。〕

石川)「40年」の根拠は、どのようなものか?

クライン)当てずっぽうだ(”It was a guess.”)。米国で原子力発電が始まったのは1950年代だが、当時まだ新しい技術でよくわからなかったので、他の産業分野を参考にしながら原発プラントに対して「40年分の許可」とした。この「40年」には科学的根拠はない。どんな年数でも構わなかったのだが、保守的な数字として選ばれたのが「40年」だった。投資回収期間を考えた場合、1950年代の頃の感覚としては、「40年」程度であれば納得感があったということ。

石川)延長期間として認める『20年』というのにも、科学的根拠はないのか?

クライン)ない。これも保守的な数字。NRCは、「40年」以降継続的に稼働させていくに当たっての安全上のポイントを診る。「60年」くらいまでは安全に運転できるだろうと、「59年目」で急に壊れることはないだろうと、判断する。NRCは、個々の機器や設備の状態がどうなっているか、この先も安全に稼働させることができるのかといったことを診ており、これは科学的な見地からの審査。
引用元:米国の元原子力規制委員会委員長:米国の原発「40年」ルールに科学的根拠はない 〜 “It was a guess.” | 石川和男 http://www.huffingtonpost.jp/kazuo-ishikawa/us-40-yeas-rule_b_8043766.html

敦賀発電所(つるがはつでんしょ)は、福井県敦賀市明神町にある日本原子力発電の原子力発電所。1号機は日本最初の軽水炉で、商用炉として最初に発電を開始した同じ日本原子力発電の東海発電所に続く2番目の商用発電所である。2012年1月の時点で1号炉は世界で7番目に古かった[1]。
>通称は「げんでん敦賀」。敦賀半島北部に位置する原子力発電所で、福井県で初めて開設された発電所でもある。また日本原子力研究開発機構の新型転換炉「ふげん」(廃炉)が敦賀発電所に隣接している。この他、敦賀発電所から20km圏内には、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」や関西電力の美浜発電所も位置している。
敦賀発電所 – Wikipedia

美浜発電所(みはまはつでんしょ)は、福井県三方郡美浜町丹生にある関西電力の原子力発電所である。
>1970年
7月29日 1号機が臨界に達する。
8月8日 大阪府吹田市で開催されていた日本万国博覧会の会場に約1万kwを試送電し、会場内の電光掲示板に送電されたことが表示された[7][8]。
11月28日 1号機営業運転を開始し、電力会社として初めて原子力炉の運転。
2015年3月17日 関西電力が1号機と2号機の廃炉を決定し福井県に通知した[9]。
2015年4月27日 1号機と2号機が法的に正式に廃炉された[10]。
美浜発電所 – Wikipedia

高浜発電所は、昭和49年の11月から1号機による営業運転を開始しました。昭和50年に2号機、昭和60年に3、4号機の運転を開始し、現在では関西電力で発電する電気の約20%を担っています。
タービンの蒸気で暖められた温排水の有効的な利用として、アワビ・サザエの育成し実証実験を行っています。
高浜発電所の概要[関西電力]

大飯発電所(おおいはつでんしょ)は、福井県大飯郡おおい町(合併前の旧町名は大飯町、読みは同じ)にある関西電力の原子力発電所。
関西電力が保有する原子力発電所としては最大規模で、日本の原子力発電所では柏崎刈羽原子力発電所に次ぎ、日本で第2位の発電量がある[補足 1]。施設周辺は若狭湾に面し、半径20km圏内に高浜発電所(大飯郡高浜町)もある。 同発電所の3・4号機は、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに日本国内の全原発が停止して以降、再稼働した最初の原発となった[補足 2]。
大飯発電所 – Wikipedia

原子炉(げんしろ)とは、 安全を前提にしつつ、継続的に原子核反応を持続させるための装置である。多くは原子力発電所や、航空母艦・潜水艦・大型の軍用艦艇などに使われる。核種変換による核物質生産や研究などの中性子源などにも使用される。
>発段階による分類[編集]
実験炉
理論の基礎的研究段階の原子炉。研究炉とも呼ばれる。
原型炉
技術上の問題点洗い出し、経済性試算段階の原子炉。
実証炉
大型プラントの検証段階の原子炉。
実用炉
実用段階の原子炉。この段階でその設計が完成したと見なされて、多数のプラントが建設される。
原子炉 – Wikipedia

午前5時23分、茨城県東海村の日本原子力研究所第1号実験炉が臨界点に達し、わが国初の「原子の火」がともった。実験は、前日の26日午前9時30分から始まった。この成功により、1956年のインドの国産原子炉稼働に次いで、アジアで2番目の原子炉稼働国となり、原子力時代の第一歩を踏み出した。11月26日に全力運転を開始した。
昭和毎日:「原子の火」初めてともる – 毎日jp(毎日新聞)

参考資料第2号 インドの原子力開発基礎資料(227KB) 原子力委員会
国際問題懇談会(第1回) 内閣府原子力委員会

クリックしてsanko2.pdfにアクセス


>…インドの原子力開発年表
• 1948年、原子力法を制定して原子力開発を開始。
• 1956年、英国の支援の下で建設された濃縮ウランを装荷した実験
炉においてアジアで初めて臨界を達成。…

図表29:インドの原子力開発年表
1956年8月4日 アジア最初の研究炉APSARA(1MWスイミングプール型軽水炉)臨界
[JAIF] 一般社団法人 日本原子力産業協会 躍進するアジア等の原子力 インド