「注意欠陥多動性障害」ADHD

137SqilJyHkQu
小学校での学級崩壊の原因の一つ
にも挙げられる、略称を「ADHD」
という、集中力や注意力に欠ける
軽度の発達障害を何という?
多欠障性注害陥意動
注意欠陥多動性障害(答)
attention deficit hyperactivity disorder、ADHD

略称のADHDから英単語を推測し、落ち着いて日本語を並べ替えればいいのでしょうが、「欠陥障害」よく間違えてしまいます。

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英: attention deficit hyperactivity disorder、ADHD)は、多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害もしくは行動障害である。ICD-10における多動性障害(英: hyperkinetic disorder)はほぼ同一の概念である。
日本精神神経学会のDSM‒5病名・用語翻訳ガイドラインでは、注意欠如・多動症も併記されている[1]。
>注意欠陥・多動性障害は多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の一つと言われているが、じっとしている等の社会的ルールが増加する、小学校入学前後に発見される場合が多い。一般に遺伝的原因があるとされる[2]が、同様の症状を示す場合を含む。なお「注意欠陥・多動性障害」はDSM-IV-TRによる正式名である (AD/HD: attention deficit / hyperactivity disorder)。 その他の訳語について「注意欠如・多動性障害」は、日本精神神経学会が2008年に示した名称である。「注意欠如・多動症」は小児精神神経学会や日本児童青年精神医学会の示したDSM-5の翻訳用語案である。[3][4][5] 注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている、様々な情報をまとめることが苦手などの特徴がある。日常生活に大きな支障をもたらすが適切な治療と環境を整えることによって症状を緩和することも可能である。脳障害の側面が強いとされ、しつけや本人の努力だけで症状などに対処するのは困難であることが多い。診断は、多くの精神疾患と同様に問診等で行われ、ADHDに特化した生物学的マーカーや心理アセスメントは開発中であり、一般的でない。
注意欠陥・多動性障害 – Wikipedia

注意欠陥/多動性障害(ADHD)は,不注意,多動性,および衝動性から成る症候群である。不注意優勢型,多動性-衝動性優勢型,混合型の3つの病型に分類される。診断は臨床的な基準により下される。治療では通常,刺激薬による薬物療法,行動療法,教育的介入が行われる。

注意欠陥/多動性障害(ADHD)は発達障害の1つとして分類されてきたが,現在では破壊的行動障害と捉えられることが多くなってきている。ADHDは,学齢期の小児の3〜10%に発生していると推定される。しかしながら,基準適用の不正確さをその主な理由に,ADHDは過剰診断されていると考える専門医も多い。精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM-Ⅳ)によると,以下の3つの病型があるとされている:不注意優勢型,多動性-衝動性優勢型,混合型。多動性-衝動性優勢型では男児における発生頻度が女児の2〜9倍であるが,不注意優勢型では男女とも同等の頻度で発生する。ADHDは家族内で受け継がれる傾向がある。
注意欠陥/多動性障害: 学習障害および発達障害: メルクマニュアル18版 日本語版