クワガタ虫の画像「ヒラタクワガタ」ノコギリ状の小歯・写真では小さい「コクワガタ」尖った内歯一対「ノコギリクワガタ」赤褐色・湾曲した歯「ミヤマクワガタ」耳状突起

410neDOeviwQu
次のクワガタムシの画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像───ヒラタクワガタ
Bの画像───コクワガタ
Cの画像───ノコギリクワガタ

CIMG4258WvZXEVzDyMLz
次のクワガタムシの画像と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
Aの画像───ヒラタクワガタ
Bの画像───ミヤマクワガタ
Cの画像───コクワガタ

「コクワガタ」がポイント。画像からついつい一番小さいクワガタ(それはヒラタクワガタ)を選んでしまうので、意外に間違えてしまいます。

ヒラタクワガタ(平鍬形 Dorcus titanus)は、コウチュウ目・クワガタムシ科・オオクワガタ属・ヒラタクワガタ亜属の1種で、25亜種に分類されている。 オオクワガタ属の中で最大種である。 ヒラタとは平べったい体型をしていることから名付けられ、種小名のtitanusはギリシア神話の神々であるティターンに由来している。 また、日本では外国産亜種などの放虫による遺伝子汚染が問題となっている。
ヒラタクワガタ – Wikipedia

コクワガタ(小鍬形 Dorcus rectus)は、コウチュウ目・クワガタムシ科・オオクワガタ属・コクワガタ亜属の1種で、5亜種に分類されている。 広く分布し、日本本土では最も普通に見られるクワガタムシの1つである。 種小名のrectus とは「真っすぐの」という意味である。
>国産クワガタムシの最普通種。「小さい鍬形虫」という意味の和名だが、日本のクワガタムシの中では決して小さくはなく、中型種であるといえる。体長はオスが17 – 54.4mm、メスが21.5 – 33mm、飼育下では最大がオスが56.6mm、メスが36.9mm。
コクワガタ – Wikipedia

ノコギリクワガタ(鋸鍬形 Prosopocoilus inclinatus)は、コウチュウ目・クワガタムシ科・ノコギリクワガタ属の1種で、5亜種に分類されている。日本国内に広く生息している代表的なクワガタムシである。オスの大顎の内側に鋸のように歯が数多く並んでいることから名付けられた。また、種小名のinclinatusは「傾斜の」という意味であり、大顎の形に由来している。個体数も比較的多く、人々によく親しまれている種である。
ノコギリクワガタ – Wikipedia

ミヤマクワガタ(深山鍬形 Lucanus maculifemoratus)は、甲虫目・クワガタムシ科に属するクワガタムシの一種。普通種であり、いかにもクワガタムシらしい風貌から、ノコギリクワガタとともに古来からクワガタムシの代表として親しまれてきた。南西諸島や一部の離島を除く、ほぼ日本全土に分布し、旧環境庁により指標昆虫に指定されている。
>頭部に冠状の突起「(頭部)耳状突起」を有する。これはミヤマクワガタの最大の特徴である。これは小型個体では目立たないが、大型個体では発達する。耳状突起は大アゴを閉じる筋肉の付着面を限られた頭部の中で広げるのに役立っている。繁殖飼育方法の知見を初めて発表した小島啓史 (1996) によると、頭部のサイズと耳状突起は、幼虫期の頭部の幅の影響を受け、前蛹の時に寒冷な気候で過ごしたオスほど大きくなる傾向が見られるという。
ミヤマクワガタ – Wikipedia

ヒラタクワガタとコクワの判別。
成虫で同サイズだとヒラタクワガタとコクワの判別がわかりません。
何か特徴はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。
>顎の内歯にギザギザがあるのがヒラタです!
顎の内歯にギザギザがなくて顎の上側に出っ張りがあるのがコクワガタです
ヒラタクワガタとコクワの判別。成虫で同サイズだとヒラタクワガタとコ… – Yahoo!知恵袋