「アブラナ科」ワサビ・ミズナ「アカザ科」オカヒジキ・サトウダイコン

298CVasttiTpM
CIMG5308
次の食材となる植物を
属する科ごとに
グループ分けしなさい

アブラナ科アカザ科
ワサビ
オカヒジキ
サトウダイコン
キャベツ
ホウレンソウ
ミズナ

「ダイコン」はアブラナ科ですが、「サトウダイコン」はアカザ科なのですね。ひじき、ミルつながりを復習します。

四択
植物の牡丹は何科?
ボタン科(答)

ですが、葉牡丹は何科?
アブラナ科(答)

連想
アカザ科の植物
地中海地方原産
日本国内では北海道を中心に栽培
別名はサトウダイコン
てんさい(答)

タイピング
1980年代に一大ブームを呼んだエリマキトカゲは○○○科? ○を答えなさい
アガマ(答)

CIMG2859fRjXRQscemBm
次のうち、「すぎな」と
読む漢字を1つ答えなさい
○接続草 すぎな
×交譲葉 ゆずりは
○筆頭菜 すぎな
×鹿尾菜 ひじき
×含羞草 おじぎそう
×狗尾草 えのころぐさ

CIMG0660CwdKYYKsqzxW
次のうち、二枚貝を
1つ選びなさい
◯イシマテ
×イトグルマ  巻貝
×コゲツノブエ 巻貝
◯タイラギ
×オオギセル  陸生巻貝
×ヨメガカサ  巻貝
◯ミルクイ
×オカミミガイ 巻貝

ワサビ(山葵)は、アブラナ科ワサビ属の植物。日本原産。食用。強い刺激性のある独特の香味を持ち、日本原産の香辛料として、以前から欧米や東南アジアで認知度の高まりを見せているが、東欧では自産のセイヨウワサビが伝統的に出回っている[要出典]。 また日本においても、家庭用練りワサビにはセイヨウワサビを本種と混ぜ合わせたものが多い。しかしセイヨウワサビと日本のワサビは味が似ているだけの異種類であり、まったくの別物である。[2]
引用元: ワサビ – Wikipedia.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
オカヒジキ
おかひじき / 陸鹿尾菜
[学]Salsola komarovii Iljin

アカザ科の一年草。茎は高さ30~40センチメートルで著しく分枝する。葉は肉質で線状円柱形、先は針状にとがり、長さ1~2.5センチメートル。花期は7~10月、花は腋生(えきせい)し無柄で淡緑色。小包葉2枚、花被(かひ)5枚、小包葉は花期後に肥厚して軟骨質となり、上部は鋭くとがる。腋果は倒円錐(えんすい)形で径2ミリメートル、中に種子1個がある。北海道、本州、四国、九州の海岸砂地に生え、朝鮮、中国、ウスリー、樺太(からふと)(サハリン)にも分布する。若葉はゆでて食用とする。名は陸地に生えるヒジキの意味。葉がミル(ミル科の海藻)に似るので、ミルナの名もある。[小林純子]
引用元: オカヒジキとは – コトバンク.

テンサイ(甜菜、学名:Beta vulgaris ssp. vulgaris)は、アカザ科フダンソウ属の二年生の植物。(体系によってはヒユ科フダンソウ属に含めることもある。)別名、サトウダイコン(砂糖大根)ともいうが、大根とは別種の植物である。なお、イタリア名はバルバビエートラ (Barbabietola) というが、そのうちキオッジャ地方で栽培される品種はゴルゴという[1]。
ビートの砂糖用品種群である。寒さに強く、寒冷地作物として中から高緯度の地域で栽培されている。サトウキビとならんで砂糖の主要原料であり、根を搾ってその汁を煮詰めると砂糖がとれる。葉と搾りかす(ビートパルプと呼ばれる)は、家畜の飼料として利用される。全世界の砂糖生産量のうち、約35%を占める。
日本では、北海道を中心に栽培されている。テンサイから作られた砂糖は甜菜糖とよばれ、国内原料による日本の砂糖生産量の約75%、日本における砂糖消費量の25%を占める。
引用元: テンサイ – Wikipedia.

ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. laciniifolia)は、アブラナ科の越年草。学名が示す通り、植物学的には、アブラナやカブなどと同種である。また、同種同変種にミブナがある。カラシナの一種として説明されることもある。別名で、キョウナ(京菜)[1][2]、ヒイラギナ[3](柊菜)、センスジナ(千筋菜)[1][2]、センボンナ(千本菜)[2]、センスジキョウナ(千筋京菜)[2]、イトナ(糸菜)[1]などがある。またキョウナを標準和名として用いている図鑑も多い[† 1]。
引用元: ミズナ – Wikipedia.