「調和関数」「正則関数」「空関数」「基底関数」 「ゲージ変換」「一次変換」「ローレンツ変換」「フーリエ変換」 「ガウス曲線」「円錐曲線」「誤差曲線」「正規曲線」 「シックスシグマ」品質管理手法の一つ


077DgpzqNb
037yRSzdsJ
調和◯◯
正則◯◯
空◯◯
基底◯◯
予想
行列
関数(答)
曲線

288YPWcKbMZPo
ゲージ◯◯
一次◯◯
ローレンツ◯◯
フーリエ◯◯
行列
関数
曲線
変換(答)

141usyYJlosou
ガウス◯◯
円錐◯◯
誤差◯◯
正規◯◯
行列
集合
予想
曲線(答)

「円錐曲線」だけ毛色が違う感じですね。
他は確率・統計の用語みたいです。
統計学における標準偏差の「σ」つながりで復習します。

CIMG2766
アメリカのモトローラ社が
開発した生産管理システム
シックスシグマ(答)
「6σ」

BBJACFX
引用元:古典的な物理学に現れる調和関数—物理的現象を記述する関数の1つ— | サイエンス&テクノロジー | 研究・社会連携 | 京都産業大学 http://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st18_01.html

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
正則関数
せいそくかんすう
regular function,holomorphic function

複素平面上のある領域 D で定義されている複素関数 f(z) は D の各点 z で微分可能な場合に,f(z) は D で正則であるといい,正則な関数を正則関数という。ここで f(z) が z0 において微分可能であるとは,h を複素数とし,h→0 のとき{f(z0+h)-f(zo)}/hが有限な極限値 f'(z0) をもつことで,形式的には実関数の場合と同様である。
引用元:正則関数(せいそくかんすう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A3%E5%89%87%E9%96%A2%E6%95%B0-86155

空関数(英: empty function)、あるいは空写像とは、数学における関数(写像)の一種で、定義域が空集合の関数をいう。任意の集合 A について、以下のような空関数が必ずちょうど1つ存在する。
fA : ∅ → A
引用元:空関数 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E9%96%A2%E6%95%B0

lhdGdxe
引用元:数学小景 | 九大数理学研究院 http://www.math.kyushu-u.ac.jp/pages/laboratory008.html

RgjOtBsNqd
一次変換とは – 数学用語集|数学能力検定 TOMAC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
正規曲線
せいききょくせん
normal curve

正規分布を示す曲線で,正規分布曲線,誤差曲線,ガウス曲線ともいう。正規分布 N(μ,σ2) において平均 μ および分散 σ2 がわかれば確率密度関数 f(x) は図 (1) のような1つの曲線として描かれる。
本文は出典元の記述の一部を掲載しています。
引用元: 正規曲線(せいききょくせん)とは – コトバンク.

分布のなかで、最もよく使われるのが正規分布です。正規分布とはどんな形かと質問すると、左右対称だとか、平均がまん中にあって1番高く両側に行くほど低くなるなどという回答が返ってきます。間違ってはいませんが、そのように答える人には「じゃあ二等辺三角形も正規分布なのか?」と聞き返します。正規分布の形をもう少し正確に言葉で表すと、「左右対称で平均を中心に左右に裾野を持つ、釣鐘や富士山のような形をしているカーブ」ということになるでしょうか。
>正規分布は様々なビジネスシーンでも使われます。スタンフォード大学のロジャース教授が提唱した「イノベーター理論」というのは、商品の普及を説明するので、消費者商品が発売されてから購入に到るまでの特徴を5つのタイプに分類したものです。新しい商品に対する購入の早い順から、1.イノベーター=革新者(2.5%)、2.アーリーアダプター)=初期採用者(13.5%)、3.アーリーマジョリティ=前期追従者(34%)、4.レイトマジョリティ=後期追従者(34%)、5.ラガード=採用遅滞者(16%)の5つに分けられるといわれています。この数字は何なのでしょうか。まさにこれは先ほど述べた偏差値と同じなのです。正確には、2.28%、13.59%、34.13%なのだと思いますが、四捨五入の関係でイノベーターが2.5%となっているのだと思います。イノベーターというのは偏差値でいえば70以上ということであり、1000人いれば23〜25人くらいの確率で出現すると考えると分かりやすいでしょう。
引用元: 正規分布とは|分析力をコアとするマーケティングソリューションカンパニー・株式会社ALBERT(アルベルト).

フランスの数学者、ジュール・アンリ・ポアンカレ(1854-1912)は、毎日パンをひとかたまり買うことを習慣にしており、その重さは1kgといわれていました。彼は一年間、買ったパンの重さを計り続けたところ、パンの重さが950グラムを平均とする正規分布となることがわかりました。つまり、平均して50グラム少なかったわけです。
 この事実を警察に訴えると、警察はパン屋に警告を与えました。彼は、その後もまた1年間のパンの重さを計ったところ、一番頻度が多かったのは950グラムでしたが、今度の分布は左右対称ではありませんでした。分布の右半分(重い方)の裾は前と同じでしたが、左側(軽い方)の裾は短かったのです。つまり、パン屋はやり方を変えずに、また苦情を言われないよう、いつも手元のある大きめパンを彼に売っていたことをデータから見抜いたのです。パン屋はこの事実をポアンカレが見抜いたことに驚いたそうです。
 正規分布を元にした考え方は、現在においても、商品の不良品を少なくするために、工場における商品管理などで使用されることがあります。
引用元: なるほど統計学園高等部 | 正規分布.

円錐曲線(えんすいきょくせん、conic curve, conic section; 円錐断面)とは、円錐面を任意の平面で切断したときの断面としてえられる曲線群の総称である。
引用元: 円錐曲線 – Wikipedia.

ごさ‐きょくせん【誤差曲線】
数学で、誤差の分布状態を表すと認められる曲線。正規曲線となる。
引用元: ごさきょくせん【誤差曲線】の意味 – 国語辞書 – goo辞書.

シックス・シグマで主張する確率(3.4/1,000,000)は、正規分布で6σを超える確率とは異なる数値である。正規分布に従う製品不良の発生状態において、顧客仕様限界の幅を±6σとした場合、それから外れる確率は10億分の2、すなわち0.002ppm[1]である。シックス・シグマにおける値は3.4ppmであり、両者には大きな差がある。
6σの由来を示す。…
引用元: シックス・シグマ – Wikipedia.