「アンカ」ほうおう座α星「ゲンマ」(アルフェッカ)かんむり座α星「ヌンキ」いて座のα星「ハダル」ケンタウルス座β星「ミモザ」みなみじゅうじ座β星ベクルックス

052dAhslrQOgR
アラビア語で「フェニックス」を
意味することばに由来する
ほうおう座のアルファ星は?
シーマ
ハマカ
アンム
アンカ(答)

フェニックスの尻尾が長いイメージで「アンカー」錨でアンカ。または鳳凰が暖かいで行火(あんか)。射手座で射抜くから「ヌンキ」。
スロットから「ハマム」も見えたのであわせてエジプト料理を復習しましょう。

VhntDHxLFh
伝説の不死鳥(ふしちょう)フェニックスの星座。
秋から冬にかけて南の空の地平線近くに見える。沖縄や小笠原などの南の地域では星座の全体が見える。
ほうおう座 – 南の地方の星座 – 星空 – Yahoo!きっず図鑑


ラテン語で「真珠」という意味のかんむり座のアルファ星は?
ゲンマ

470oDjAfIpTSe
南斗六星で一番明るい、「海の
しるし」という意味のなを持つ
いて座のσ星は?
ヌモザ
ハオス
ナダキ
ヌンキ(答)
Nunki

「ミモザ」(みなみじゅうじ座β星ベクルックス)「ハダル」(ケンタウルス座β星)しか見えませんでした。

036ZRWIeOtpKR
みなみじゅうじ座にある
一等星を1つ答えなさい
アクルックス(答)
ベクルックス(答)

126llOfJRChDX
ターメイヤ
シャクシューカ
ハマム・マシュイ
ワラ・アイナップ
インドネシア料理
タイ料理
エジプト料理(答)
ブラジル料理
エジプト料理「ターメイヤ」「シャクシューカ」「ハマム・マシュイ」「ワラ・アイナップ」 | わかればいいのに I wish I knew

ほうおう座アルファ星(ほうおう座α星)は、ほうおう座で最も明るい恒星で2等星。
>固有名称をアンカ(Ankaa)、またはザウラク(Zaurak)という。前者はアラビア語でフェニックスを指す言葉である[3]。後者のザウラクとは、アラビア語で『船の輝くもの』を指す[3][4]。これは古来、アラビアではこの辺りの星の並びを船に見立てていたことに因む[3][4]。ザウラクは、位置の誤認識によって名付けられたエリダヌス座γ星の固有名として用いられるのが一般的となっている[4]。
ほうおう座アルファ星 – Wikipedia

いて座σ星は、いて座で2番目に明るい恒星で2等星。南斗六星を作る星の1つ。
>Sigma Sagittarii、略称 σ Sgr。固有名ヌンキ(Nunki)はシュメールの象形文字で書かれた石版から見つかったバビロニアの名前である[4]。アメリカの博物学者リチャード・ヒンクリー・アレンによって世に広められた[5]。アレンは海に関係した星座が続いて昇ってくることから「海のしるし」という意味の名前としている[5]が、確かな意味は伝わっていない[4]。
引用元: いて座シグマ星 – Wikipedia.

Sigma Sagittarii (Sigma Sgr, σ Sagittarii, σ Sgr) is the second brightest star in the constellation Sagittarius. Its modern name Nunki is an Assyrian or Babylonian name recovered by archaeologists and made public by R. H. Allen.[10] Nunki has an apparent magnitude of +2.05,[3] making it readily visible to the naked eye. The distance to this star, determined using parallax measurements from the Hipparcos astrometry satellite,[11] yields an estimated value of 228 light-years (70 parsecs) from Earth.[1][2]
引用元: Sigma Sagittarii – Wikipedia, the free encyclopedia.

学名は、β Centauri(略称はβ Cen)。固有名ハダル (Hadar) はアラビア語の حضار (Ḥaḍar) から来た言葉で、正確な意味は伝わっていない[3]が、アレンは「地面」の意味であるとしている[4][5]。別名のアゲナ[5] (Agena、アジェナ) は、ギリシャ文字のアルファ (Α) とラテン語で「ひざ」を意味する gena に由来すると考えられている[3]。
引用元: ケンタウルス座ベータ星 – Wikipedia.

学名はβ Crucis(略称はβ Cru)。呼称のベクルックス(Becrux)は学名Beta Crucisを略して読んだものである。別名ミモザ(Mimosa)は、ミモザの原義であるオジギソウに由来する。
引用元: みなみじゅうじ座ベータ星 – Wikipedia.

みなみじゅうじ座(南十字座)(Crux)は、南天の星座の1つ。全天88星座の中で最も小さい。
南十字星(みなみじゅうじせい)、または英語での通称サザンクロス(Southern Cross)としても知られる。この通称は、はくちょう座の中心部の別名「北十字星(Northern Cross、ノーザンクロス)」に対応して付けられたもの。ただし、小さい上に各星の明るさがあまり揃っていないこともあって、近くにある「ニセ十字」と間違えられることも多い。
α星・β星ともに、全天21の1等星の1つである。
>2つの1等星α星とβ星以外に、2等星が1つ(γ星)[1]ある。
α星:アクルックス(Acrux)は、全天21の1等星の1つ[2]。
β星:ベクルックス(Becrux)は、全天21の1等星の1つ[3]。ミモザとも。
γ星:ガクルックス(Gacrux)
引用元: みなみじゅうじ座 – Wikipedia.