「PROCYON」プロキオン 東京大学開発の超小型宇宙探査機 第一宇宙速度「7.91km/s」 「こいぬ座」プロキオン「おおいぬ座」シリウス「こぐま座」ポラリス「おおぐま座」ドゥーベ

186apWlzhwFsy
小惑星探査機・はやぶさ2と共に
2014年12月に打ち上げられた
東京大学が提唱した人工惑星は?
YPRNOCO
PROCYON(答)
プロキオン

プロキオンつながりをまとめて復習します。

364s
「第一宇宙速度」をいえば
1秒間に何キロメートル
進む速さ?
19.7
7.91(答)

CIMG2102gYGchDoDGIBi
次の星座と、そのアルファ星の
正しい組み合わせを選びなさい
こいぬ座───プロキオン
おおぐま座───ドゥーベ
こぐま座───ポラリス
おおいぬ座───シリウス

CIMG4200sJVDaHRbHYsg
カシオペア座はルクバー
おおぐま座はメグレズ
オリオン座はミンタカ
しし座はゾスマ
イプシロン星
ベータ星
アルファ星
デルタ星(答)
引用元: 「馬頭星雲」オリオン座の星と位置 「左上」ベテルギウス「右上」ベラトリックス「右下」リゲル δ星ミンタカ | わかればいいのに I wish I knew.

CIMG0178FBDWwYNkdIYZ
次の星座から連想される
季節は?
(画像出題)
射手座
こと座
はくちょう座
さそり座

夏(答)

029zzgqxdpjup
次の星座を
五十音順に選びなさい
Bオリオン座
Cカシオペア座
Aさそり座
Dわし座

CIMG2400jsxzlkxeXRdJ
次の星座を
五十音順に選びなさい
Aおおぐま座
Dさそり座
Bはくちょう座
Cわし座

はくちょう座とわし座で迷いますが、はくちょう座を「北十字星」とよぶこともあるので、そこから区別できればいいですね。

IMG_2631PvaWZcFBkI
次の星座を
五十音順に選びなさい
Dおおぐま座
Bオリオン座
Aさそり座
Cはくちょう座

070DqLxvCrbnT
071QMrXFwZzSj
はくちょう座で
しっぽの部分に輝くアルファ星は
デネブですが

くちばしの部分に輝くベータ星は
◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
アルビレオ

東京大学(東大)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月5日、小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げに相乗りする超小型衛星「PROCYON(プロキオン)」を報道向けに公開した。小さいながらもイオンエンジンを搭載しており、小惑星のフライバイ観測を目指すという。11月30日、H-IIAロケット26号機で打ち上げられる予定だ。
>ちなみにこの「PROCYON」という名前は、こいぬ座の1等星に由来するという。こいぬ座のプロキオンは、おおいぬ座のシリウスに先駆けて東の空から昇ってくる。大型探査機の前に超小型探査機で調査するというイメージがピッタリということで、こう名付けられたそうだ。「はやぶさ2」とともに、こちらにも注目してもらいたい。
引用元: まるで"ミニはやぶさ"……東大の超小型探査機「PROCYON」が報道公開 | マイナビニュース.

東京大学 超小型深宇宙探査機 PROCYON(プロキオン)
東京大学 超小型深宇宙探査機 PROCYON(プロキオン)2
超小型深宇宙探査機 PROCYON(プロキオン)
引用元
http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/nlab/PROCYON_public_jp_150115.pdf

宇宙速度(うちゅうそくど)とは、軌道力学的に、地表においてなんらかの物体にある初速度を与えたとして、衛星軌道などの「宇宙飛行」と言えるような軌道に乗せるために必要である速度のことである。特に地球および太陽に対して、第一宇宙速度・第二宇宙速度・第三宇宙速度と呼ばれている速度がある。他の星や星系(恒星、惑星、衛星等)に対して使う場合もある。
>地球において、その高度を海抜ゼロ(地表すれすれ)とした(仮想上の)円軌道の衛星軌道の軌道速度で、約 7.9 km/s(時速28,400km)である。地表において、ある物体にある初速度を与えたと仮定した場合、その速度がこの速度未満の場合はどのように打ち出したとしても弾道飛行(sub-orbital flight)の後に地表に戻ってしまう。逆に、これを越えて(super-orbital)水平に打ち出した場合、その地点を近地点とする楕円軌道に投入される。
>地球の重力を振り切るために必要な、地表における初速度。約 11.2 km/s(時速40,300km)で、第一宇宙速度の倍である。地球から打ち上げる宇宙機を、深宇宙探査機などのように太陽を回る人工惑星にするためには第二宇宙速度が必要である。地球の重力圏を脱出するという意味で地球脱出速度とも呼ばれる。
地球以外の任意の星についてや、あるいは「ある高度における脱出速度」といったものも考えられる。特に小惑星などからは簡単に脱出できる。
>第二宇宙速度と同様の考え方で地球軌道・地表においてある初速度を与えたとして、地球さらには太陽の重力を振り切るために必要な速度で、約 16.7 km/s(時速60,100km)である。太陽の質量、地球の質量、太陽と地球の距離、地球の半径、万有引力定数から求まる。現実的には地球の公転速度を利用する側に飛び出すか逆かでΔvとしては違ってくる。また、惑星探査機などではスイングバイを利用して加速するものも多い。
引用元: 宇宙速度 – Wikipedia.