イヌ科「フェネック」「ディンゴ」「コヨーテ」ネコ科「マーゲイ」「オセロット」イタチ科「ラーテル」ジャコウネコ科「パームシベット」「ハクビシン」「ビントロング」 「アメリカトラ」ジャガー「アメリカライオン」ピューマ

105gfsHeHQ
062zFjzQYG
ネコ科の猛獣
アジアやアフリカの平原に生息
体にある黒斑が特徴
獲物を木の上へ運んで食べる
ライオン
チーター
ピューマ
ヒョウ(答)


ネコ科の猛獣
木登りと泳ぎが得意
南北アメリカに生息
別名「アメリカライオン」
ピューマ(答)

CIMG2240
ネコ科の猛獣
木登りや泳ぎが得意
南北アメリカに生息
別名「アメリカ虎」
ジャガー(答)
ライオン
トラ
ピューマ 「アメリカライオン」

SRp6KO4JHxfxN
草食系男子を虎視眈々と狙う
経済的余裕のあるアラフォーの
女性を、ある動物にたとえて
「◯◯◯◯女」という?
ジターブク
ラオンガイ
クーガー(答)
「クーガー女」クーガーはピューマの英語名

096WSMEPzVthm
次のうち、イヌ科の
動物を1つ選びなさい
マーゲイ ネコ科
フェネック(答)
オセロット ネコ科
ソレノドン ソレノドン科
ディンゴ(答)
ジェレヌク ウシ科
ラーテル イタチ科
コヨーテ(答)


CIMG6245RCintRwoYntd
次のうち
ジャコウネコ科の動物を
全て選びなさい
○パームシベット
○ハクビシン
○ビントロング
×オシキャット   猫の品種
×マーゲイ   ネコ科
×カラカル   ネコ科
×ジャガランディ   ネコ科

並べ替え
ジャコウネコが糞として
排泄した未消化のコーヒー豆
を用いる、インドネシアの
高級コーヒーは?
コピ・ルアク(答)

CIMG3705
漢字では「屈狸」と書く
クマに似たイタチ科の動物は
◯◯◯? ◯を答えなさい
クズリ(答)

文字パネル
別名を「ミツアナグマ」という、南アフリカ軍の装甲車の名前にもなっている、皮膚の分厚いイタチ科の動物は?
ラーテル(答)

051KOVoCasqcu
モグラ目の哺乳類
西インド諸島だけに生息
「キューバ」「ハイチ」
毒液を分泌する
ポタモガーレ
ジヌムラ
ソレノドン(答)
テンレック
引用元: 「ソレノドン」毒液があるモグラの仲間 「キューバ」「ハイチ」(ドミニカ共和国と隣接イスパニョーラ島西側)」に生息 モグラの学名「モゲラ」 『もぐらのアバンチュール』テレビ用国産初のアニメ | わかればいいのに I wish I knew.

フェネック (Fennec) は沿岸部を除く北アフリカやアラビア半島で見られる大きな耳介を持った小さなキツネの1種である。フェネックギツネとも呼ばれる。
キツネ属(Vulpes)に属し、近接する中近東に生息するブランフォードギツネに近縁である[1]。
>フェネックはイヌ科最小で1.5kg以下しかない。肩高約20cm、体長36-41 cm。尾は18-30 cm、耳は15cmの長さになる。砂色の体毛が砂漠での保護色となっている。
大きな耳は放熱の役目がある。毛皮は昼間の日光を通さず、夜は熱を保つ。熱い砂を防ぐため足裏は厚い毛で覆われている。
引用元: フェネック – Wikipedia.

世界大百科事典 第2版の解説
ディンゴ【dingo】

オーストラリアに野生するイヌに似た哺乳類で,食肉目イヌ科に属する(イラスト)。約9000年前,アボリジニーがアジアから渡ったときに,家畜として連れていたものが,のちに野生化したともいわれ,ニューギニアのパプアディンゴC.hallstromiも同じような起源であるという説が強い。体長117~124cm,尾長30~33cm,肩高50cm,体重10~20kg。体つきは家畜のイヌに似るが,吻(ふん)が長く,裂肉歯(上の第4前臼歯(ぜんきゆうし)と下の第1臼歯)が巨大で,犬歯は長く細い。
引用元: ディンゴ(ディンゴ)とは – コトバンク.

コヨーテ(ナワトル語: coyōtl、スペイン語: coyote、英語: coyote)は、ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ属に属する哺乳類。オオカミに近縁で、形態も似るが小型。
>極近くを除く北アメリカ大陸に広く分布。オオカミの衰退に乗じ、分布を広げつつある。
>オオカミより小型で頭胴長75 – 101cm、尾長30 – 40cm、体高60cm以内、体重9-20kg(平均14kg)ほど。北のものほど大きくなる傾向がある(ベルクマンの法則)。
引用元: コヨーテ – Wikipedia.

マーゲイ(Leopardus wiedii)は、哺乳綱食肉目ネコ科に分類される南アメリカ原産の動物。種小名はドイツの探検家Prinz Maximilian zu Wied-Neuwiedに献名して名付けられた[1]。木登りがとても上手く、樹上生活を主とする。ここではLeopardus属に含めているが、ネコ属に含めてFelis wiediiとする場合もある。
引用元: マーゲイ – Wikipedia.
320px-Margay
引用元: File:Margay.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia.

オセロット(Ocelot、学名:Leopardus pardalis)は、哺乳綱食肉目ネコ科オセロット属に分類される食肉類。ここではLeopardus属に含めているが、Felis属に含めてF. pardalisとされることもある。
>同じ地域に生息するジャガーネコやマーゲイと類似した外観をもつが、オセロットの体長は65-120 cm、尾の長さは 27–61 cm、体重9-16 kg とより大型である。体毛は短く、四肢は頑丈。黒い斑紋で縁取られたオレンジ色の斑紋(梅花紋)。種小名pardalisは「ヒョウ」の意。地色は灰白色や黄色、濃褐色など個体によってさまざまで、体前方から後方に向かって黒く縁取られた斑が並んでいる。虹彩は褐色。
名前の由来は、ナワトル語の「ocelotl」。
引用元: オセロット – Wikipedia.

ジェレヌク(Litocranius walleri)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ジェレヌク属に分類される偶蹄類。本種のみでジェレヌク属を形成する。ゲレヌクとも。別名はキリンレイヨウ(麒麟羚羊)。
引用元: ジェレヌク – Wikipedia.
Lightmatter_gerenuk
引用元: File:Lightmatter gerenuk.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia.

ラーテル(Ratel、学名:Mellivora capensis、異名:ミツアナグマ)は、ネコ目(食肉目)-イタチ科-ラーテル亜科-ラーテル属に分類される、小型の雑食性哺乳類。本種のみでラーテル属を形成する。
好物の蜂蜜を巡って、ミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。 また、「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定された生き物としても知られる。
引用元: ラーテル – Wikipedia.

日本でも最近、年下のおもに草食系男子を追いかける30代から40代の肉食系女子を指す「クーガー女」なる言葉がよく聞かれるが、この用語の発祥地であるアメリカのFOXニュースが、ハリウッドを代表するクーガー女(Cougar)とピューマ女(Puma)10人を発表した。

クーガー女とピューマ女の定義については諸説あるようだが(動物学的には、ネコ科の大型肉食獣ピューマの別名がクーガーであり、両者は同じ生き物)、ここでは年下男性を好む40代以上の女性をクーガー、30代女性をピューマとしている。同じクーガーでもとりわけ洗練されたいい女はアーバン・クーガーと呼ばれているようで、ここに挙げられた10人はみなアーバン・クーガーとアーバン・ピューマと言っていいだろう。

ハリウッドを代表するクーガー&ピューマと、彼女たちが愛する年下男は以下の通り。
引用元: 標的は年下男性!ハリウッドの「クーガー女」と「ピューマ女」10人 : 映画ニュース – 映画.com.

幻のコーヒー”コピ・ルアク”が手に入ったとのことで、コーヒーマスターの鈴木雄介さんに飲ませてもらうことになった。 めったに手に入らないものらしいのだが、まず”コピ・ルアク”とはどんなコーヒーなのだろうか。

「ズバリ、”うんちコーヒー”ですね!」(J.C.Q.A認定生豆鑑定マスター鈴木雄介さん)
>「心配しないで下さい! ちゃんとしたコーヒーです。 ジャコウネコにコーヒーチェリーを食べさせ、そのジャコウネコが体内で発酵させた未消化の状態のコーヒーの豆を、糞から取り出して、しっかり洗って作ったという、幻のコーヒーなんです」

ジャコウネコは、香料の原料として知られる霊猫香(れいびょうこう)を分泌する動物。 体内で豆を発酵させるという、その特殊な生成方法が独特な香りと味わいを生み、なかなか手に入らない幻のコーヒーとして、最高級品の一つに数えられるという。
引用元: 禁断のうんちコーヒー!? 幻の”コピ・ルアク”を飲んでみた – Excite Bit コネタ(1/2).