「ハバース管」骨の緻密層にある長軸方向の栄養管 「フォルクマン管」ハバース管と直交

066yoRVyRZKeV
骨の緻密層の中にある
長軸方向に伸びた血管の通る
管を「◯◯◯◯管」という?
◯を答えなさい
ハバース
「ハバース管」

Haversian canal
>骨の緻密質にある栄養管で,血管の通路となる。長骨では長軸方向に走り,その周囲には同心円状の骨層板がある。骨膜側から入ってくるフォルクマン管はハバース管と直交し,それらの間を連絡している。
引用元: ハバース管 とは – コトバンク

Haversian canals[note 1] (sometimes canals of Havers, named after British physician Clopton Havers) are a series of tubes around narrow channels formed by lamellae.
>The haversian canals surround blood vessels and nerve cells throughout the bone and communicate with osteocytes in lacunae (spaces within the dense bone matrix that contain the living bone cells) through canaliculi.
引用元: Haversian canal – Wikipedia, the free encyclopedia

骨組織の中にはハバース管Haversian canal,およびフォルクマン管Volkmann’s canalと呼ばれる2種類の管があり,ともに骨の栄養をつかさどるための細い血管が中に通っている。フォルクマン管は緻密質の表層の中にあって,骨膜から骨質にいく血管を通じており,骨細胞は細管とは無関係の配列を示している。
引用元: フォルクマン管 とは – コトバンク