ユルバン・「ルベリエ」 海王星の発見者の一人 「ガレ」「ルベリエ」「アダムス」

267KMdoyPXHSB
発見されていなかった海王星の
位置を、計算によって割り出した
19世紀のフランスの天文学者は
ユルバン・◯◯◯◯?
ベンズムリ
トダアエル
ルベリエ(答)
「ユルバン・ルベリエ」
Urbain Jean Joseph Le Verrier

海王星の発見者はガレ・ルベリエ・アダムスの3人いたのですね。

ユルバン・ジャン・ジョセフ・ルヴェリエ(Urbain Jean Joseph Le Verrier、1811年3月11日 – 1877年9月23日)はフランスの数学者、天文学者。未発見であった海王星の位置を計算によって予言した。
>ルヴェリエの最も有名な業績は海王星発見への貢献である。パリ天文台長の数学者フランソワ・アラゴの勧めによって、ルヴェリエは天王星の軌道運動の観測結果とケプラーの法則やニュートン力学から予言される運動との間の矛盾を説明するための計算を行った。彼と同時期にイギリスのアダムズも同じ計算を行っていたが、互いに相手の研究については知らなかった。ルヴェリエは計算結果をドイツのガレに報告し、1846年9月にガレは新しい惑星を発見した。発見位置はみずがめ座にあり、ルヴェリエの予言から1度以内の位置で見つかった(今日では海王星の発見者はこの三者であるとされているが、海王星発見の業績に関して三者の貢献をどう評価するかについてはかつて(ある程度は今もなお)議論があった)。
引用元: ユルバン・ルヴェリエ – Wikipedia.

海王星(かいおうせい、羅: Neptunus、英: Neptune)は、太陽系の太陽に近い方から8番目の惑星である。太陽系惑星の中では最も太陽から遠い位置を公転している。名称のNeptuneは、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスにちなむ。
>海王星はガリレオ・ガリレイやジェローム・ラランドによっても観測されていたが、当時は恒星と思われていた。
天王星の発見後、その摂動から、未知の惑星が存在すると考えられるようになった。フランスではルヴェリエが予想軌道を算出し、それを受けたガレが1846年9月23日に発見した。一方イギリスでは、アダムズが予想軌道を算出し、ジェームズ・チャリスに報告した。チャリスはあまり気の進まないまま、1846年7月から探索をはじめ、アダムズの予測位置付近の星の位置の記録を始めた。そしてガレの海王星発見の後、実はその1ヶ月前にチャリスは2度海王星を観測していたが、新惑星であることを見落としていたことがあきらかになった。このため、アダムズとルヴェリエは発見者は誰かという事で揉めたが、アダムズはルヴェリエに発見者の座を譲った。現在では2人とも発見者の扱いとなっている。
引用元: 海王星 – Wikipedia.

ジョン・クーチ・アダムズ(またはアダムス;John Couch Adams、1819年6月5日 – 1892年1月21日)はイギリスの数学者、天文学者である。海王星の軌道を計算しその位置を予測したことで知られる。数学の分野で常微分方程式のアダムズの解法や、数学分野のアダムズ賞などに名前が残っている。
>海王星のまわりのリングはガレ、ルヴェリエ、アダムスと名付けられている。
引用元: ジョン・クーチ・アダムズ – Wikipedia.