リサ・「ランドール」 米国の理論物理学者『ワープする宇宙』『5次元空間』『宇宙の扉をノックする』

043bpPhHuCZLs
著書『ワープする宇宙』などで
「5次元空間」を唱えている
米国の女性理論物理学者はリサ・
◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
ランドール(答)
「リサ・ランドール」

5次元空間の想像が全くつきません

リサ・ランドール(Lisa Randall、1962年6月18日 – )はアメリカ合衆国の理論物理学者。専門は、素粒子物理学、宇宙論。
>現在、ハーバード大学物理学教授。プリンストン大学物理学部で終身在職権(tenure)をもつ最初の女性教授となる。また、マサチューセッツ工科大学およびハーバード大学においても理論物理学者として終身在職権をもつ初の女性教授となる。
>著書[編集]
リサ・ランドール 『ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く』 向山信治 監訳、塩原通緒 訳、日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081239-6。
引用元: リサ・ランドール – Wikipedia.

Lisa Randall (born June 18, 1962) is an American theoretical physicist and leading expert on particle physics and cosmology. She is the Frank B. Baird, Jr. Professor of Science on the physics faculty of Harvard University.[1] Her research includes elementary particles and fundamental forces and she has developed and studied a wide variety of models, the most recent involving extra dimensions of space. She has advanced the understanding and testing of the Standard Model, supersymmetry, possible solutions to the hierarchy problem concerning the relative weakness of gravity, cosmology of extra dimensions, baryogenesis, cosmological inflation, and dark matter.[2] Her best-known contribution is the Randall–Sundrum model, first published in 1999 with Raman Sundrum.[3]
引用元: Lisa Randall – Wikipedia, the free encyclopedia.

世界最先端の「知」をやさしく紹介する新シリーズ・全16巻

私たちは、見えない異次元世界に囲まれている――三次元世界は、五次元世界にあるいわば「膜」であり、地球も人間も原子もすべてその膜にぴたりと貼り付けられているようなものだという。この驚愕の理論がいま証明されつつある。ノーベル賞に最も近い理論物理学者が語る、最先端宇宙論入門。
引用元: NHK出版 | リサ・ランドール 異次元は存在する.

ノーベル賞に最も近い
理論物理学者の最新宇宙論

物理学界がいま最も注目する5次元宇宙理論とは? すぐそこに存在するという第5の次元はなぜ目に見えないのか? そもそもそれは存在するのか? 現代物理学の歩みから最新理論までを数式を一切使わずにわかりやすく解説したベストセラー。待望の邦訳、ついに刊行。
引用元: NHK出版 | ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く.

ヒッグスの発見は
新しい宇宙像解明の幕開けに過ぎない

ベストセラー『ワープする宇宙』でセンセーションを巻き起こした著者が、LHC(大型ハドロン衝突加速器)をはじめとする世紀の実験の成果とともに、物理学の根本からエキサイティングな最前線へと読者を誘う。超対称性、余剰次元、ダークマター――いま、宇宙の始まりと未来の謎が、劇的に解明されつつある。
引用元: NHK出版 | 宇宙の扉をノックする.