「末広恭雄」すえひろやすお 元油壺マリンパーク館長 童謡『秋の子』作曲

009magCcWDxzf
京急油壺マリンパークの館長を
務め、「お魚博士」と呼ばれた
水産学者で、童謡『秋の子』の
作曲でも知られるのは?
秀田雄末恭
健広岡松司
末広恭雄(答)
すえひろやすお

末広 恭雄(すえひろ やすお、1904年 6月4日 – 1988年7月14日)は、日本の水産学者・随筆家・作曲家。
東京大学学生歌『足音を高めよ』を作曲。
>農林省水産研究所技官、次いで東京大学農学部水産学科教授として魚類に関する水産学方面の研究を広く行ったことだけでなく、皇太子時代の昭和天皇に生物学をたびたび御進講している。生前には一般向けの著作、随筆で「お魚博士」として知られた。作曲家としては山田耕筰の弟子であり、サトウハチローの詞による童謡『秋の子』がよく知られているほか、妹尾義郎の組織した新興仏教青年同盟の歌も作曲している。
東京大学を定年退官した後は水族館京急油壺マリンパークの館長を務め、魚の行動を訓練によって巧みに演出する展示を数多く企画し、「サーカス水族館」としての地位を築き上げた。また、1970年代に行われたシーラカンス学術調査隊の総指揮を執った。
引用元: 末広恭雄 – Wikipedia.

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
末広恭雄 すえひろ-やすお

1904-1988 昭和時代の魚類学者。
明治37年6月4日生まれ。末広恭二の長男。昭和19年東京帝大教授,42年油壺マリンパーク水族館館長。ナマズの地震予知能力などを研究。随筆「魚の履歴書」などで魚の知識の普及につとめた。昭和63年7月14日死去。84歳。東京出身。東京帝大卒。
引用元: 末広恭雄(すえひろ やすお)とは – コトバンク.