「サウロファガナクス」ジュラ紀後期の肉食恐竜

033ALmBbQqRQh
次の文字列を順に選んで
ジュラ紀の後期に栄えた
恐竜の名前にしなさい
サウロ
ファ
ガナ
クス
「サウロファガナクス」
Saurophaganax

サウロファガナクス(Saurophaganax)はジュラ紀後期に繁栄した獣脚類。体長12〜15mと、ティラノサウルスやギガノトサウルスなどの白亜紀の大型獣脚類に匹敵する体格を持つ、ジュラ紀最大級の獣脚類である。同程度に成長すると考えられているアロサウルスに極めて近縁であり、かつては同一視されていたが、血道弓の形状に差異が見られることから、現在では別属とする考えが主流である。
発見当初は「サウロファグス(Saurophagus…トカゲを食う者、の意)」と命名されたが、後にこの学名はタイランチョウ科の鳥に付けられていたことがわかり、1995年に「最大級のトカゲを食う者」を意味する現在の学名へ改められた。
引用元: サウロファガナクス – Wikipedia.

ジュラ紀最大級を誇る肉食恐竜で、後の時代の白亜紀に生息した
ティラノサウルスに匹敵する体格をしていました。
アロサウルスによく似ており、アロサウルス の大型個体ともいわれていますが、
背中の棘突起や尾にある血道弓と呼ばれる骨の形に違いが見られるため、
別種として扱われています。
以前はサウロファガス(Saurophagus)と呼ばれていましたが、
同名が他の動物の名前にあったので1995年に改名されました。
引用元: 川崎悟司イラスト集・サウロファガナクス.