フランソワ・「ジャコブ」 ジャック・「モノー」 遺伝子の発現「オペロン説」でノーベル賞

128DZJTsFCRfJ
1961年、遺伝子の発現に関する
「オペロン説」を発表した
生理学者の名前をファミリー
ネームで1つ答えなさい
モノー(答)
ジャコブ(答)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
オペロン説
オペロンせつ
operon theory

原核細胞の遺伝子の転写調節を説明するために,1961年,J. F.ジャコブと J. L.モノが提唱した仮説。いくつかの遺伝子群が,上流にある調節領域に制御されている1つの系をオペロンと呼び,フィードバックをもとにしたモデルで,転写調節の仕組みを説いた。
引用元: オペロン説(オペロンせつ)とは – コトバンク.

ラクトースオペロン lactose operon とは、 ラクトース (乳糖 lactose )分解に関与する一連の遺伝子の集合オペロンで、リプレッサーとオペレーターにより 転写が支配されている。lac オペロン lac operon とも表記する。lac はラックと読む。
1961年のフランソワ・ジャコブとジャック・モノーによる大腸菌のラクトースオペロンに関する研究と、その際に提唱されたオペロン説は、遺伝子発現の調節に関する研究の大きな転換点となった。
引用元: ラクトースオペロン – Wikipedia.

オペロン説
同義/類義語:オペロン
英訳・(英)同義/類義語:operon theory, Opeon theory

抑制物質、調節遺伝子、作動遺伝子、構造遺伝子群(オペロン)が組になって遺伝子が働くとする説。ジャコブーモノーのモデルで、現在でもオペロンという概念を用いる。
引用元: オペロン説とは – 生物学用語 Weblio辞書.

オペロンを一言で表すなら「必要なタンパク質を必要なときだけ作る仕組み」ということです。必要なときだけ働くのでエネルギーのロスが少ないわけです。イメージ的には近頃の「派遣切り」といった感じでしょうか?(必要なときは大量に雇って儲けを増やし、入らないときは解雇して儲けを守る。生物の仕組みとよくにてます)
>有名なラクトースオペロンを例に考えましょう。
まず、ラクトースオペロンは

リプレッサー領域-プロモーター領域-オペレーター領域-タンパク質をコードしてる遺伝子
という順番でつながっています。
>では最後に、以上のことから「なぜオペロンが重要なのか?」を考えましょう。
ホルモンのところでフィードバックって習いましたよねぇ?
作りすぎも、作らなさすぎもいけないって事です。
同じことが遺伝子レベルでも起きているって事です。
環境に適応するためにはフィードバックが必要なわけです。
状況を見て必要なものを必要なときだけ作るって事です。
これの遺伝子が壊れると環境に適応できなくなるので重大な疾患か、死にいたります。
つまり、オペロンの考えは遺伝子の発現は巧妙に調節されており、それを調べれば病気の原因がわかるかもしれないと教えてくれたのです。
引用元: 生物学を学ぶ大学3回のものです。 オペロンを一言で表すなら 【OKWave】.

フランソワ・ジャコブ(François Jacob, 1920年6月17日 – 2013年4月21日)はフランスの医師で病理学者、遺伝学者。ジャック・モノーとともに遺伝子発現調節を説明するオペロン説を提出し、これにより1965年度ノーベル生理学医学賞を受賞した。
引用元: フランソワ・ジャコブ – Wikipedia.

ジャック・リュシアン・モノー(Jacques Lucien Monod、1910年2月9日パリ – 1976年5月31日カンヌ)はフランスの生物学者。フランソワ・ジャコブとともにオペロン説を提出し、これによって1965年度ノーベル生理学医学賞を受賞した。生物における調節の分子メカニズムを中心として画期的な業績を挙げ、レジオンドヌール勲章など数多くの賞を受けている。
引用元: ジャック・モノー – Wikipedia.