「カイパー」ネレイドを発見 オランダの天文学者 「カークウッド」小惑星1578「小惑星の軌道に関する研究」「カークウッドの空隙」 「ジャンスキー」電波天文学の祖「電波強度の単位」Jy


028oIouQsV
海王星の衛星ネレイドを発見
天王星の衛星ミランダを発見
オランダ出身の天文学者
彗星の巣に名を残す
オールト
カイパー(答)
ジャンスキー
カークウッド

006rHufPPuocd
小惑星1578に名を残す
アメリカの天文学者
インディアナ大学の天文台
小惑星が少ない領域に名を残す
カイパー
ハレー
カークウッド(答)
ジャンスキー

CIMG1952GFRjPCWcRNWB
電波天文学の祖とされる
アメリカの技術者
ジャンスキー(答)
Karl Jansky


アメリカの天文学者
ベル研究所
電波天文学の創始者
天体の電波強度の単位
ジャンスキー

文字パネル
アメリカの天文学者の名にちなむ、電波天文学の分野で用いられる電波強度の単位は◯◯◯◯◯◯?
ジャンスキー(答)

ダニエル・カークウッド(Daniel Kirkwood、1814年9月27日 – 1895年6月11日)はアメリカ合衆国の天文学者。小惑星帯に木星の重力の作用によって小惑星が少なくなった領域、カークウッドの空隙を発見したことで知られる。
>最も有名な業績は小惑星の軌道に関する研究で、小惑星帯の小惑星の分布を調べ、公転周期が木星と整数比になる軌道範囲に小惑星の少ない領域があることを1866年に発見した。これはカークウッドの隙間とよばれる。カークウッドはまた流星雨の起源が彗星によることを示唆した最初の学者でもある。これらの業績は国際的な評価を得て、シアーズ・ウォーカーによって「アメリカのケプラー」と称えられた。小惑星(1578) カークウッド (Kirkwood)、月のクレータに彼の名が命名されており、彼が教授を務めたインディアナ大学の天文台は彼にちなんでカークウッド天文台と命名されている。
引用元: ダニエル・カークウッド – Wikipedia.

カークウッドの空隙またはカークウッドの隙間(Kirkwood gaps)は、小惑星の分布の少ないいくつかの軌道(軌道長半径)のことである。図に軌道長半径に対する小惑星の数の分布を示す。木星の重力による軌道共鳴により小惑星はこの領域から移動させられていって小惑星の少ない軌道領域ができた。
引用元: カークウッドの空隙 – Wikipedia.

世界大百科事典 第2版の解説
カイパー【Gerard Peter Kuiper】

1905‐73
オランダ生れの天文学者。ライデン大学に学ぶ。1933年渡米し後に帰化。リック天文台を経てヤーキス天文台に入り,当時世界第2の208cm反射望遠鏡をテキサス州マクドナルド天文台に建設する仕事にも参画し,完成後はそれを用いて諸種の観測研究を行った。星のスペクトル型の温度較正と放射補正量の決定,質量光度関係の決定,土星の衛星チタンにメタンの大気を発見,硫化鉛の赤外線測光器を初めて天文観測に用いて火星のCO2などを発見,天王星の第5衛星ミランダと海王星の第2衛星ネレイドを発見,小惑星の徹底的観測,連星系ぎょしゃ座ζ星,こと座β星などのスペクトルからその実体の解明など,研究成果は天文学の多方面にわたる。
引用元: カイパーとは – コトバンク.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
ハレー
ハレー
Halley, Edmond

[生]1656.11.8. ロンドン
[没]1742.1.14. グリニッジ
イギリスの天文学者。オックスフォード大学に学び,1676年惑星運動に関する論文を発表。1678年ロイヤル・ソサエティ会員に選出。セントヘレナ島に天文台を設けて南天の恒星を観測し,『南天星表』(1678)を刊行。
引用元: ハレー(ハレー)とは – コトバンク.

カール・ジャンスキー(Karl Jansky, 1905年10月22日 – 1950年2月14日)とは、物理学者・無線技術者であり、電波天文学の開始者。 1932年に天の川方向より電波が飛来していることを発見し、電波天文学を開始した。
>最終的に、この信号は銀河系中心(いて座)方向より発信されていることを突き止めた。これは、電波天文学の始まりとされる。
その後の彼は、ベル研究所より別のプロジェクトを任せられ、電波天文学に関わることは無かったが、彼にちなみ電波天文学における電波強度の単位には、ジャンスキー(Jy)が使われる。また、アメリカ国立電波天文台はジャンスキー・フェローシップと呼ばれる博士研究員支援プログラムを実施している[1]。
引用元: カール・ジャンスキー – Wikipedia.