火星初着陸探査機 1973ソ連「マルス3号」 本格的探査1976アメリカ「バイキング1号」

322qWBABbPgxE
史上初めて、火星に
探査機を着陸させた国は
アメリカである
×(答)
ソ連「マルス3号」1973

火星探査機(かせいたんさき)は、火星を調査するために打ち上げられた宇宙探査機で、火星近傍を通過したり、火星周回軌道に投入される。また火星に着陸して探査を行うものもある。火星表面で自走して探査するものはマーズ・ローバーと呼ばれる。
>初めて火星に着陸した探査機は、1973年に旧ソビエト連邦が打ち上げたマルス3号。しかし着陸後、20秒で信号が途絶えた。これに続くマルス6号も着陸1秒後に信号が途絶えた。
本格的な探査に成功したのは、1976年にアメリカが打ち上げたバイキング1号。その後同種のバイキング2号も着陸に成功し、火星表面の映像を地球に電送した。
引用元: 火星探査機 – Wikipedia.