「メチルヒドラジン」オービターの燃料「シャヴィト」イスラエルの打ち上げロケット

091yWJyIEG
スペースシャトルの
オービターの燃料として使われた
有機化合物は?
ルラドヒメジチン
メチルヒドラジン(答)
46%

315RRMOlYGuVG
ヘブライ語で「彗星」という
意味がある、イスラエル
宇宙局が開発した人工衛星
打ち上げロケットは?
ヴャィトシ
シャヴィト(答)

CIMG3993
次の世界のロケットを
低軌道打ち上げ能力が
大きい順に選びなさい
プロトン 19.8t
ソユーズ 6.9t
ロコット 1848kg
ペガサス 440kg

XgHuarH
QAMpCazwrX
引用元:世界のおけるロケットの現状(PDF) 平成16年3月25日 宇宙航空研究開発機構.

モノメチルヒドラジン(英: Monomethylhydrazine, MMH)は、示性式 CH3-NH-NH2で表されるヒドラジン誘導体の有機化合物である。単にメチルヒドラジンとも呼ばれる。
キノコの一種シャグマアミガサタケの成分ギロミトリンが加水分解して生成することでも知られる。
ロケットエンジンの推進剤に燃料として使われる。適当な酸化剤(四酸化二窒素など)とともに用いると自己着火性を有しており、燃料バルブの開閉だけで推力の制御ができるため、人工衛星や宇宙船の姿勢制御用エンジン(スラスター)用に用いられる。
引火性、発火性があり、日本では消防法により危険物第5類(自己反応性物質)に指定されている。また肝臓・腎臓・腸・膀胱に障害を起こす。発癌性を持つことでも知られている。
引用元:モノメチルヒドラジン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%B3

シャヴィト(ヘブライ語: שביט‎)はイスラエル宇宙局(ISA)が開発しイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)が製造する人工衛星打ち上げロケットである。名称はヘブライ語で彗星を意味する。
引用元: シャヴィト – Wikipedia.