幕末の志士と出身地 「近藤勇」東京都 「高杉晋作」山口県 「坂本龍馬」高知県 「西郷隆盛」鹿児島県

116wYpCEVPgFA
次の幕末に活躍した
人物の出身地を
北から順に選びなさい
(画像選択肢)
C近藤勇 東京都
A高杉晋作 山口県
B坂本龍馬 高知県
D西郷隆盛 鹿児島県

近藤 勇(こんどう いさみ)は、江戸時代末期の武士。新選組局長を務め後に幕臣に取り立てられた。勇は通称、諱は昌宜(まさよし)。慶応4年(1868年)からは大久保剛、のちに大久保大和。家紋は丸に三つ引。
>武蔵国多摩郡上石原村(現在の東京都調布市野水)に豪農・宮川久次郎の三男として生まれる。幼名は勝五郎。久次郎には勝五郎の他に、長女・リエ(天保3年(1832年)に死去)、長男・音五郎、次男・粂蔵(粂次郎)がいる。
引用元: 近藤勇 – Wikipedia.

高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。
>長門国萩城下菊屋横丁(現・山口県萩市)に長州藩士・高杉小忠太(大組・200石)・みちの長男として生まれる。武(たけ)、栄(はえ)、光(みつ)の三人の妹がいる。
引用元: 高杉晋作 – Wikipedia.

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日(1836年1月3日) – 慶応3年11月15日(1867年12月10日))は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。
諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬[注 1]。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。
土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の斡旋、大政奉還の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に影響を与えた。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。
>龍馬は天保6年(1835年)11月15日[注 2]、土佐国土佐郡上街本町一丁目(現在の高知県高知市上町一丁目)の土佐藩郷士(下級武士)坂本家に父・八平、母・幸の間の二男として生まれた。
引用元: 坂本龍馬 – Wikipedia.

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) – 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。薩摩藩の盟友、大久保利通や長州藩の木戸孝允(桂小五郎)と並び、「維新の三傑」と称される。維新の十傑の1人でもある。
>文政10年12月7日(1828年1月23日)、薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)で、御勘定方小頭の西郷九郎隆盛(のち吉兵衛隆盛に改名、禄47石余)の第1子として生まれる。西郷家の家格は御小姓与であり、下から2番目の身分である下級藩士であった。本姓は藤原氏(系譜参照)を称するが明確ではない。先祖は肥後国の菊池家の家臣で、江戸時代の元禄年間に島津家々臣になる。
引用元: 西郷隆盛 – Wikipedia.