「朝憲紊乱」ちょうけんびんらん 政府転覆などの暴動 『白虹貫日事件』 「刑法」規定順「外患誘致」「窃盗」「業務上横領」「国家法益罪から個人法益罪順(生命・身体・財産順)」

149NaDQvMZdqe
政府の転覆など、国家の基本的な
統治組織を不法に破壊することを
表す四字熟語は?
騒乱暴紊朝
国叛壊法憲
朝憲紊乱(答)
ちょうけんびんらん


中国の書物「戦国策」中の言葉で虹が太陽を突き抜けるようにかかる現象を表した言葉で革命の前兆とされたのは?
白虹貫日(答)
はっこうかんじつ

CIMG9154kZbHPqAqRuMq
次の罪名を
刑法に規定されている
順に選びなさい
外患誘致罪 (81条)
公文書偽造 (155条)
重婚 (184条)
殺人 (199条)
傷害 (204条)
窃盗 (235条)
恐喝 (249条)
業務上横領 (253条)

文字パネル
刑法第81条に規定されている外国と共謀して日本へ武力を行使させたものに適用される罪で刑罰が死刑のみであるのは?
外患誘致(答)

文字パネル
「父と母」「君主とその夫人」などの関係のことを、「月」と「日」を用いた四字熟語で何という?
→日居月諸
にっきょげっしょ

文字パネル
日に日に衰退していくことを「月」と「日」を用いた四字熟語で何という?
→日陵月替
にちりょうげったい

文字パネル
「深く心に刻みつけて忘れないこと」や「文章を苦心して練り上げること」を意味する四字熟語は?
→彫心鏤骨
ちょうしんるこつ

文字パネル
「図々しい者でも、さすがに恥ずかしく思う」ことを「顔」という字を用いた四字熟語は?
→顔厚忸怩
がんこうじくじ

文字パネル
高い地位に就いていながら、その職責を十分に果たさないで報酬をもらうことを表す四字熟語は?
→尸位素餐
しいそさん

文字パネル
中国の堯の時代に老人が満腹で腹鼓を打ち、足で地面を叩いた事に由来する、世の太平を楽しむことを意味する四字熟語は?
→鼓腹撃壌
こふくげきじょう

文字パネル
ある動物を用いて、道理のわからない者に道理を説く無意味さを揶揄した中国の四字熟語は?
→対牛弾琴
たいぎゅうだんきん

文字パネル
足のかゆい部分を、靴の上からかくようにもどかしい様子を表す四字熟語は何?
→隔靴掻痒
かくかそうよう
ですが、かゆいとこに手が届くほど思うままに進む様子を表す四字熟語は何?
→麻姑掻痒
まこそうよう

文字パネル
小おどりして喜ぶことをある鳥の名前を使って何という?
→欣喜雀躍
きんきじゃくやく

文字パネル
『荀子』の王制第に由来する人民によって国が栄も滅びもするという、上に立つ者への戒めを言った四字熟語は?
→戴舟覆舟
さいしゅうふくしゅう

文字パネル
『春秋左氏伝』を出典とする利害が密接で離れられない関係のことをいう四文字熟語は?
→唇歯輔車
しんしほしゃ

文字パネル
中身が泣くただ騒がしいだけの議論のことを、ある生き物を使った四字熟語で何という?
→蛙鳴蝉噪
あめいせんそう

文字パネル
法の「三十六計」に由来する本来の怒りの対象とは異なるものを攻撃するという言葉をある植物の名を使って何という?
→指桑罵槐
しそうばかい

四択
非常に多くの蔵書がある様をいう四字熟語は?
→汗牛充棟 かんぎゅうじゅうとう
ですが、非常に多くの人や物が入り乱れることを何という?
→稲麻竹葦 とうまちくい

四択
あちこち忙しく動き回ることを、東と西を使って何と言う?
→東奔西走 とうほんせいそう
ですが、南と北を使って何と言う?
→南船北馬 なんせんほくば

政府の転覆など、国家の基本的統治組織を不法に破壊すること。この目的でなされる暴動が内乱罪となる。ちょうけんぶんらん。
引用元: 朝憲紊乱(チョウケンビンラン)とは – コトバンク.

白虹筆禍事件
はっこうひっかじけん

1918年(大正7)8月『大阪朝日新聞』が受けた筆禍事件。当時の寺内正毅(まさたけ)内閣は、成立以来、非立憲内閣として言論界と対立していたが、8月3日に米騒動が起こると、騒動が全国へ波及するのは新聞の報道によるものだと、14日、米騒動に関するいっさいの記事掲載を禁止した。そこで東京、大阪はじめ各地で言論擁護、寺内内閣の引責辞職を迫る声が起こったが、25日、大阪で開かれた関西新聞通信社大会の模様を報じた『大阪朝日新聞』の夕刊記事が、朝憲紊乱(びんらん)、新聞紙法違反にあたるとして告訴され、村山龍平(りょうへい)社長は退陣、鳥居素川(そせん)編集局長はじめ長谷川如是閑(にょぜかん)、大山郁夫(いくお)、丸山幹治ら編集幹部が総退陣し、12月1日の紙面に「本社の本領宣明」という長文の改過状を掲載して廃刊を免れたという、大正期最大の筆禍事件。
>なお、白虹貫日とは、兵乱の前兆をさすもので、
引用元: 白虹筆禍事件(はっこうひっかじけん)とは – コトバンク.

刑法の条文の並び順は、国家法益に対する罪から始まって、最後に個人法益に対する罪が来ています。刑法が制定されたのが古い時代で、国家法益を犯すことが非常に重罪であるという時代認識があったこともあり、このような順番になっているといわれます。

刑事事件の個人法益に対する罪は、殺人や傷害、過失傷害、堕胎、遺棄などの生命・身体に対する罪、逮捕・監禁、脅迫、強姦、強制わいせつ、住居侵入などの自由に対する罪、名誉棄損や業務妨害などの名誉・信用に対する罪、窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任などの財産に対する罪などに分かれます。
引用元: 犯罪の種類について|刑事事件専門の[東京弁護士法律事務所].