『遠き落日』主人公は野口英世 三上博史主演 寺内正毅「初代朝鮮総督」渡辺淳一『光と影』 樺山資紀「初代台湾総督」

091ejqxBFy
渡辺淳一の小説
雑誌「野性時代」に連載
三上博史主演で映画化
主人公は野口英世
『遠き落日』(答)
『愛の流刑地』
『エ・アロール』
『光と影』

057ttVgsWEdPV058gvwecmaYpc
1910年に初代の朝鮮総督に
就任した日本の政治家は
寺内正毅ですが
てらうちまさたけ

1895年に初代台湾総督に
就任した日本の政治家は
◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
かばやますけのり
樺山資紀

CIMG0520eObudpYKrbAY
次の歴代首相とその愛称の
正しい組み合わせを選びなさい
浜口雄幸───ライオン宰相
寺内正毅───ビリケン宰相
桂太郎───ニコポン宰相
原敬───平民宰相

CIMG1871
渡辺淳一の小説
主人公のモデルは寺内正毅
西南戦争で負傷した二人
直木賞受賞作
『花埋み』はなうずみ 荻野吟子
『遠き落日』 野口英世
『愛の流刑地』
『光と影』(答)

『遠き落日』(とおきらくじつ)は、渡辺淳一の小説。同名で映画化もされた。
>野口英世の生涯にスポットを当てた作品。偉人としての野口英世ではなく「人間・野口英世」を描いた内容になっている。多くの伝記で取り上げることが憚れていた野口の借金癖や浪費癖などの否定的な側面も臆さず描き出している。雑誌『野性時代』(角川書店)の1975年1月号から1978年7月号に連載され、後に単行本化、文庫化(角川文庫)された。
遠き落日 – Wikipedia

寺内 正毅(てらうち まさたけ[1]、旧字体: 寺內 正毅、嘉永5年2月5日(1852年2月24日) – 大正8年(1919年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級爵位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵。書の雅号は桜圃、魯庵。ビリケン宰相の異名を持つ。
陸軍大臣(第15・16・17代)、外務大臣(第22・31代)、韓国統監(第3代)、朝鮮総督(初代)、内閣総理大臣(第18代)、大蔵大臣(第22代)などを歴任した。
引用元: 寺内正毅 – Wikipedia.

朝鮮総督府(ちょうせんそうとくふ、朝鮮語:조선총독부)は、1910年(明治43年)の韓国併合によって大日本帝国領となった朝鮮を統治するために設置された官庁である。庁舎は京畿道京城府(現在の大韓民国ソウル特別市)の景福宮敷地内に設置された。
韓国統監府を前身とし、旧大韓帝国の政府組織を改組・統合したため朝鮮人職員を多く抱えていたが、枢要なポストはほぼ日本人が握っていた。初代総督は寺内正毅。
引用元: 朝鮮総督府 – Wikipedia.

樺山 資紀(かばやま すけのり、天保8年11月2日(1837年12月9日) – 大正11年(1922年)2月8日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。階級は海軍大将。栄典は従一位大勲位功二級伯爵。
警視総監(第3代)、海軍大臣(第4・5代)、海軍軍令部長(第6代)、台湾総督(初代)、枢密顧問官、内務大臣(第15代)、文部大臣(第14代)を歴任した。
引用元: 樺山資紀 – Wikipedia.

台湾総督府(たいわん そうとくふ、旧字体:臺灣總督府)は、日清戦争の結果清国から割譲された台湾を統治するために設置された日本の出先官庁。
台北市に設置された台湾総督府本庁舎は、今日でも中華民国の総統府として使用されている。
>初代総督は樺山資紀で当初は陸海軍の将官が総督を務めた。児玉源太郎総督の下で明治31年(1898年)に民政長官に就任した後藤新平は、土地改革を行いつつ、電気水道供給施設・交通施設情報施設などを整備、アヘン中毒患者の撲滅、学校教育の普及、製糖業などの産業を育成することにより台湾の近代化を推進し、一方で統治に対する叛逆者には取り締まりをするという「飴と鞭」の政策を有効に用いることで統治体制を確立した。
引用元: 台湾総督府 – Wikipedia.

戦場で腕に銃創を負った二人の兵士。
軍医は、一人の腕は切断したが、ふとした思いから、もう一人のそれは残した。
そんなほんの偶然が両者の明暗を分け、市井の人となった前者は悶死し、軍に残った後者は陸相、首相へと上り詰めた―。
実際の出来事をもとに描いた表題の直木賞受賞作など、傑作小説四篇を収録。
引用元: BookWebPro 和書検索.