「誉田山古墳」大阪市羽曳野市・応神天皇 「大仙陵古墳」百舌鳥古墳群・大阪府堺市 「高松塚古墳」極彩色の壁画・藤原京期 「石舞台古墳」蘇我馬子の墓説・横穴式石室 「キトラ古墳」星宿図・四神

039YkGqpVu
036osBGqFlKIv
大阪府羽曳野市にある円墳
古市古墳群の一つ
応神天皇を祀ったもの
日本で2番めに大きい古墳
誉田山古墳(答)
高松塚古墳
大仙陵古墳
稲荷山古墳

015IsOOMNyshH
大阪府の鳥に指定されて
いる、この鳥は何?
モズ
百舌


百舌鳥古墳群の一つ
大阪府堺市にある円墳
仁徳天皇を祀ったもの
日本で最も大きい古墳
大仙陵古墳(答)

連想
奈良県明日香村
円墳
極彩色の壁画
1972年に発掘
高松塚古墳(答)

連想
埋葬者は天武天皇の皇子などの説
藤原京の時代に築造
奈良県明日香村の古墳
1972年に極彩色の壁画が発見
高松塚古墳(答)

約30の石が積まれる
奈良県明日香村の古墳
「蘇我馬子の墓」説が有力
玄室の形状から名前がつく
石舞台古墳(答)

奈良県明日香村の古墳
星宿図
青龍・白虎・朱雀・玄武の四神
2004年から文化庁が本格調査
キトラ古墳(答)

線結び
高松塚古墳に描かれている「四神」とその守る方角の正しい組み合わせを選びなさい
青龍───東
白虎───西
朱雀───南
玄武───北

高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。
2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されている。
引用元:高松塚古墳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%A1%9A%E5%8F%A4%E5%A2%B3

大仙陵古墳(だいせんりょうこふん、大山古墳)は、大阪府堺市堺区大仙町にある前方後円墳。百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。
宮内庁により「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」として第16代仁徳天皇の陵に治定されている。
名称は「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)」や「仁徳陵古墳」とも[2][3]。全国で第1位の規模の巨大古墳である。
引用元:大仙陵古墳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BB%99%E9%99%B5%E5%8F%A4%E5%A2%B3

石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳。国の特別史跡に指定されている。
元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている。
引用元:石舞台古墳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%8F%A4%E5%A2%B3

キトラ古墳(キトラこふん)は、奈良県高市郡明日香村の南西部、阿部山に築かれた古墳。亀虎古墳とも書く。墳丘にある石室内に壁画が発見され高松塚古墳と共に保存事業が進められている。
引用元:キトラ古墳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%88%E3%83%A9%E5%8F%A4%E5%A2%B3

誉田御廟山古墳 (こんだごびょうやまこふん、誉田山古墳)は、大阪府羽曳野市にある前方後円墳。古市古墳群の中心となる古墳で、約420メートルという墳丘長は百舌鳥古墳群の大仙陵古墳に次ぐ全国2位の規模である[2] [3]。
宮内庁により「惠我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)」として第15代応神天皇の陵に治定されている。内濠と内堤より内側は宮内庁によって管理されている。外濠と外堤は民有の農地となっていたが、大古墳の一部ととして、1978年(昭和53年)に外濠、外堤のみを独立して史跡に指定された[4]。一般には「応神天皇陵」とも呼ばれる。
引用元: 誉田御廟山古墳 – Wikipedia.

応神天皇(おうじんてんのう、仲哀天皇9年12月14日 – 応神天皇41年2月15日)は、第15代天皇(在位:応神天皇元年1月1日 – 同41年2月15日)。諱は誉田別尊(ほむたわけのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)。誉田天皇(ほむたのすめらみこと/ほんだのすめらみこと)、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)とも称される。
引用元: 応神天皇 – Wikipedia.

高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目されるようになった。
2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されている。
引用元: 高松塚古墳 – Wikipedia.

大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)は、大阪府堺市堺区大仙町にある前方後円墳。墳丘長は日本最大で、墓域面積は世界最大であるとされる。周囲の古墳と共に百舌鳥古墳群を構成している。
宮内庁により「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」として第16代仁徳天皇の陵に治定されている。一般には「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)」とも呼ばれる。
引用元: 大仙陵古墳 – Wikipedia.

いなりやまこふん【稲荷山古墳】

埼玉県行田市の「埼玉(さきたま)古墳群」中にある前方後円墳。全長約120メートル。出土品の鉄剣に「辛亥年(471年)七月…」に始まる金象眼一一五文字の銘が刻まれているのが1978年(昭和53)に確認され,五世紀末から六世紀前半の古代史上に重要な資料を提供した。埼玉稲荷山古墳。
引用元: 稲荷山古墳(イナリヤマコフン)とは – コトバンク.