馬借「平安~戦国時代の運送業者」 大津・坂本「馬借一揆」

049fbxrBPSiWz
土一揆の先鋒
運送業者
大津
坂本
飛脚
車借
借上
馬借(答)

ばしゃくいっき【馬借一揆】

中世後期に陸上運輸業者の馬借が集団で蜂起した事件。土一揆(つちいつき)の先頭を切った行動として注目されているが,元来山門の強(嗷)訴(ごうそ)の一環として登場した事件である。1379年(天授5∥康暦1)6月,近江坂本の馬借1000余人が京の祇園社に討ち入ったというのが初見で(八坂神社〈社家記録〉),山徒(山門の下級僧侶)の一員でありながら幕府と結託して権勢を振るった円明坊と,関のことで争ったことが原因であった。
引用元: 馬借一揆(ばしゃくいっき)とは – コトバンク.

馬借一揆
ばしゃくいっき

室町時代,馬借が主体となって起した土一揆。馬借は平生から集団で行動し,また都市と農村を結ぶ街道を通行していて諸般の情勢に明るかったから,しばしば徳政令の発布などを要求して活躍した。応永 25 (1418) 年6月 25日大津の馬借が祇園 (八坂神社) の神輿を奉じて強訴した一揆,同 33年6月8日坂本の馬借が京都に乱入し,北野社の公文所 (くもんじょ) を焼打ちしようとした一揆,正長1 (28) 年 11月山城,大和,近江などの馬借が徳政を要求して起した一揆などは有名であり,文明 17 (85) 年の山城国一揆にも参加している。
引用元: 馬借一揆(ばしゃくいっき)とは – コトバンク.

馬借(ばしゃく)は、馬を利用し、荷物を運搬する輸送業者。主に平安時代から戦国時代にかけて活躍した。
輸送方法[編集]
輸送方法は馬の背に荷物を掛け、それを人が追う形をとる。はじめは、農民たちが農閑期に片手間で行っていたが、室町時代以降は専業化した。
大津、坂本、淀などの水陸交通の要地や主要街道沿いの町に集団で住み、船で運ばれたものを京都や奈良など、当時消費の激しかった地域に運び込んだ。
引用元: 馬借 – Wikipedia.

車借【しゃしゃく】

中世・近世の運送業者。〈くるまかし〉とも,車力(しゃりき)とも。荷車を牛に引かせて物資を運ぶ。厩(うまや)に属した牛飼の生業の一つであったと推定され,鳥羽殿・白河殿の厩や美豆(みず)牧に関わる鳥羽・白河,泉木津(現・木津川市)の車借や,清水(きよみず)寺に属した清水坂車借,北野(きたの)社の支配下にあった西京の車借などが知られ,主として畿内周辺の水上交通路を京・奈良に連結する道で活動した。
引用元: 車借(しゃしゃく)とは – コトバンク.

借上【かりあげ】

平安末期から南北朝期にかけての高利貸業者。〈かしあげ〉とも。鎌倉時代には地頭・御家人に無担保,高利で金を貸し付け,返済に苦しむ武士の経済を窮迫させた。室町時代には高利貸は土倉(どそう)と呼ばれた。
引用元: 借上(かしあげ)とは – コトバンク.

中世の馬借(ばしゃく)とはどのような人々だったのでしょうか。特に近江坂本の馬借が起こした一揆の概要を知りたい。
引用元: 中世の馬借(ばしゃく)とはどのような人々だったのでしょうか。特に近江坂本の馬借が起こした一揆の概要を… | レファレンス協同データベース.