主人公犬「バック」Buck ジャック・ロンドン『野生の呼び声』

017SXHHWiuIfz
ジャック・ロンドンの
小説『野生の呼び声』の
主人公の犬の名前は
バックである
◯ Buck
×ロック
「野生に帰る」でバック

ゴールドラッシュに沸くカナダ・アラスカ国境地帯。
ここでは犬橇が開拓者の唯一の通信手段だった。
大型犬バックは、数奇な運命のもと、この地で橇犬となる。
大雪原を駆け抜け、力が支配する世界で闘い、生きのびていくうちに、やがてその血に眠っていたものが目覚めはじめるのだった。
引用元: BookWebPro 和書検索.

20世紀初頭の喧騒を背景に、「野性」への回帰を雄大に描く。
不朽の名作が新訳版で甦る!

 ジャック・ロンドンは二〇世紀初頭のさまざまな断面を描いた作家として知られる。『どん底の人びと』に連なるルポルタージュや「放浪・冒険もの」、そして、動物文学の不朽の名作といわれる本書など、その作品は多彩。暖かいカリフォルニアから極寒の地へ連れ去られた犬のバックが経験する未知の世界は、この作家の実体験によって、見事なリアリティーをもって描かれる。かつてサバイバル・アドベンチャーとして出合われた読者も、この新訳版を再読されれば、新たなメッセージを読み取られるはず。そのような作品こそ「不朽の名作」という。
引用元: BookWebPro 和書検索.

『野性の呼び声』(やせいのよびごえ)または『荒野の呼び声』(こうやのよびごえ)は、アメリカ合衆国の作家ジャック・ロンドンによって1903年に書かれた中編小説である。飼い犬であったバックが、さらわれてそり犬になり、様々な体験を通じて野性を目覚めさせ、自然に帰るまでを描く。
引用元: 野性の呼び声 – Wikipedia.