4文字元号初代「天平感宝」2代「天平勝宝」最後「神護景雲」 「今まで漢字5文字の元号は存在しない」

025DaBeXiQfcx
日本の
漢字4文字の元号のうち
最初のものは天平感宝ですが
最後のものは?
雲勝平字宝
護天神景感
→神護景雲
「天平感宝」てんぴょうかんぽう
「神護景雲」じんごけいうん

018VoqqJJVvzd
漢字4文字の元号のうち
最初のものは天平感宝ですが
2番めのものは?
「天平勝宝」てんぴょうしょうほう

○×
かつて日本で漢字5文字で書く元号が使われたことがある
×

天平感宝(てんぴょうかんぽう、正字体:天平感寶)は、日本の元号の一つ。天平の後、天平勝宝の前。日本で初めて使われた四文字年号でもある。この時代の天皇は聖武天皇。
749年のことであるが、同年のうちに天平勝宝に改元されたため、後に書かれた書物では天平感宝の元号が使われることはない。
引用元: 天平感宝 – Wikipedia.

天平勝宝(てんぴょうしょうほう、正字体:天平勝寶)は、日本の元号の一つ。天平感宝の後、天平宝字の前。749年から757年までの期間を指す。この時代の天皇は孝謙天皇。
天平勝宝7年1月4日、勅命により「年」が「歳」に改められた。このため以後は、天平勝宝七歳・天平勝宝八歳・天平勝宝九歳と表記されたが、天平宝字へ改元した際に「歳」を「年」へ復している。
引用元: 天平勝宝 – Wikipedia.

神護景雲(じんごけいうん)は、日本の元号の一つ。天平神護の後、宝亀の前。767年から770年までの期間を指す。この時代の天皇は称徳天皇。
この年号以後、四文字年号が使われたことはない。
引用元: 神護景雲 – Wikipedia.

過去の日本では、749年に、天平→天平感宝→天平勝宝と、3つの元号が混在した例がある。同じく、大正15年(西暦1926年)12月10日の1ヶ月後の日付は、昭和2年(西暦1927年)1月10日である。明治以後の現在は一世一元の改元であり、1年に2度も天皇の即位が起こる可能性は極めて低いが、当該事項のように複数の元号を充てる必要が発生した場合、大きな混乱が予想される。これらは特に、コンピュータで年を扱う際の事務処理や変換のアルゴリズムが煩雑になる(「昭和100年問題」のような年問題も発生させている。後述)。
>元号の字数[編集]
日本の元号は伝統的に二文字であるが、元号に用いることのできる文字数は明確に制限されていない。この例外は聖武天皇・光明皇后の時代から約四半世紀、天平感宝・天平勝宝・天平宝字・天平神護・神護景雲の5つ(四文字)のみである。
「元号一覧 (日本)」を参照
引用元: 元号 – Wikipedia.