マティス『金魚鉢の風景』『ルーマニアのブラウス』『王の悲しみ』『ダンス』 エゴン・シーレ『死と乙女』オーストリア 「エレミー・フレーゲ」クリムト『接吻』のモデル

144aVdwFyuCpT
『金魚鉢のある風景』
『ルーマニアのブラウス』
『王の悲しみ』
『ダンス』
マティス(答)
エドガー・ドガ
カミーユ・ピサロ
エゴン・シーレ

CIMG6329
代表作に『死と乙女』がある
20世紀初めのオーストリアの
画家はエゴン・◯◯◯?
◯を答えなさい
シーレ
「エゴン・シーレ」

CIMG0246rXbQpGjyETNd
代表作『接吻』など多くの作品
に描かれている、オーストリア
の画家グスタフ・クリムトの
恋人の名前は?
リフーーゲレミ・エ
→エレミー・フレーゲ

CIMG3027mHWhyfjcPRIY
次の芸術家を出身国ごとに
グループ分けしなさい

オーストリアスペインアメリカ
エゴン・シーレ
ムリリョ
マーク・ロスコ
ココシュカ

マティス 絵画作品と所蔵美術館
引用元: マティス: アンリ・マティスの絵画作品一覧と所蔵美術館.

アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 – 1954年11月3日)は、フランスの画家。フォーヴィスム(野獣派)のリーダ-的存在であり、野獣派の活動が短期間で終わった後も20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続けた。自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と謳われ、緑あふれる世界を描き続けた画家であった。
>マティスの初期の作風は写実的なものを志していたが、次第にフィンセント・ファン・ゴッホ 、ポール・ゴーギャンら後期印象派の影響を受け、自由な色彩による絵画表現を追究するようになる。『緑のすじのあるマティス夫人の肖像』(1905年)、『ダンスI』(1909年)など、大胆な色彩を特徴とする作品を次々と発表し、モーリス・ド・ヴラマンク、アンドレ・ドランらと共に野獣派と呼ばれるようになる。しかし、フォーヴィスムとしての活動は1905年から3年ほどの間だけで、それ以降は比較的静かで心地の良い作品を描くようになる。(そのころのマティスの言葉:『私は人々を癒す肘掛け椅子のような絵を描きたい』)本人は、フォーヴィスムと呼ばれ見なされることをひどく嫌った。
引用元: アンリ・マティス – Wikipedia.

エドガー(エドガール)・ドガ(フランス語: Edgar Degas 発音例 、1834年7月19日 – 1917年9月27日)は、フランスの印象派の画家、彫刻家。フルネームはイレール・ジェルマン・エドガー(エドガール)・ド・ガ(Hilaire Germain Edgar de Gas)。
>ドガの作品にはバレエを扱った主題、ことに楽屋や練習風景、舞台袖といった一般人では出入りできない場所での場面を描いたものが多い。当時、踊り子たちはオペラ座の「小さなネズミ」fr:Petit ratと呼ばれていた(語源にはさまざま説がある)が、彼女らの舞台裏をありのままに描いた。印象派の多くの画家たちとくらべれば、銀行家の息子であり経済的に余裕な家庭の出身であったドガは、バレエが好みでオペラ座の定期会員になっていた。定期会員は座席を年単位で購入する仕組みで、定期会員は特権的権利でオペラ座の楽屋や稽古場に自由に立ち入ることが許されていた(20世紀半ばにその仕組みは廃止された)。当時、オペラ座の一般会員は上流階級の社交場でもあったので、父の逝去後、経済的には苦しくなった後にもドガは一般会員を続けていたものと思われる。ドガの描いたバレエの主題の多くはそこで見た風景である
引用元: エドガー・ドガ – Wikipedia.

ジャコブ・カミーユ・ピサロ(Jacob Camille Pissarro、1830年7月10日 – 1903年11月13日)は、19世紀フランスの印象派の画家。
>印象派の画家のなかでは最年長者であったピサロは温厚な性格だったようで、画家仲間の信望が厚く、ゴッホやセザンヌらの若い世代の画家を大いに励ましていたという。生来気難しく、人付き合いの悪かったセザンヌさえもピサロを師と仰ぎ、しばしば共同制作をし、マティスとはしばしば印象主義について熱心に討論した。ピサロは1885年頃から90年まで、ジョルジュ・スーラやポール・シニャックの影響で点描画法を試みている。晩年はパリ郊外のエラニーに住み、描くのに時間がかかり感情に追いつけないとして点描法を放棄し、風景だけでなくピョートル・クロポトキンらのアナキズムの影響を受け、農村を舞台にした人物画を多く描くようになった。生涯残した油彩画作品は1316点、版画は200点余り。
引用元: カミーユ・ピサロ – Wikipedia.

エゴン・シーレ(Egon Schiele、1890年6月12日 – 1918年10月31日)は、オーストリアの画家。エーゴン・シーレとも。
当時盛んであったグスタフ・クリムトらのウィーン分離派を初めとして象徴派、表現主義に影響を受けつつも、独自の絵画を追求した。強烈な個性を持つ画風に加え、意図的に捻じ曲げられたポーズの人物画を多数製作し、見る者に直感的な衝撃を与えるという作風から表現主義の分野に置いて論じられる場合が多い。
引用元: エゴン・シーレ – Wikipedia.